06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

KHS M1216 Mission Style for Ictalurus punctatus 

KHS M1216 Mission Style for Ictalurus punctatus
今年は、これに乗って利根川水系でChannel Catfishを、拿捕しにいきます。

KHS M1216 は、USでは製品名 i-PED らしいです。
Specをみると部品構成も少々差異があり、日本にLocalize & Upgradeされてるようです。

10月に購入以来、Merit,Demerit等、気が付きました。

KHS Japan のHPより引用
「 m1216は、できるだけコンパクトに!簡単に折りたたみ収納でき、しかも長時間安定走行ができるモデルとして
開発されました。」 

確かにKHS Japanの説明の通りであります。

自分の理解するM1216の最大Advantageは、走行に適切なサドル高さを維持しても快適な足着性を両立してる点です。
一般に足を伸ばし踵がペダルに乗る位置がサドル高のBest positionですが、そうすると排他的に足着性が悪くなります。
ところがM1216の独特のフレーム構成で、サドル高を担保しつつも足着き性が確保されてます。他では、そうはいかないでしょう。たぶんリカンベントに影響されたフレーム設計なんでしょうか?
ストップ&ゴーが多く、行動範囲が平坦地であれば、M1216は非常に有効な移動手段です。
札幌、福岡、土浦とかは乗りやすいでしょうね、夕張、長崎、松本は向かないでしょう。

 

改装を開始して、近所をTest runして細かい点までSetupしていくつもりですが
とりあえず釣行用のSetupをしてみました。

 


試しに玉網の柄とmain rodをToptubeに固定してみました。Channel Catfishも、50cm超級は、ロッド単独だと引き上げるが厳しく何度か残念な事になりましたので。
M1216_030.jpg

 


利根川河岸は、rodを立てかける場所に苦労します。M1216自体が移動アングル台です。

M1216_031.jpg 

購入時に確か、ゴムロープフックがキャリアに付属した気がします。これをサドルレールとハンドルポストに引掛けるとRodを立てかけるの便利。尻手ロープもつけられます。 

M1216_032.jpg 

 


昨年買った雑誌で霞ヶ浦の特集があり、釣のカテゴリーは違うが買ってみたところ自分が撮影されてました。
何かのバス釣の大会もやってたようで、その際通過したときに撮影されたようです。カメラマンの注目は乗り手ではありません。
客観的に目立つフレーム形状ですから。
M1216_033.jpg 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



2010/02/11 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/94-f843d4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)