11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Daily genocide: 100均支柱+19mm直管パイプ で作る間口1.8m ビニールハウス 4 感想戦2  

設置後約2ヶ月経過したので中間評価をしてみる。


ハウスの現状はこれ。
P6202129.jpg
W 1.8m H 2.2m D3.6m 肩口 1.5m。
敷地の余裕から、 秋に奥行きを1.4m延長予定。


P6202131.jpg
内部。
現状致死的問題はないが、改善が必要なのが奥行き中間部にある補強支柱。
およそ地上から1.45mあたりにあるのだが結構邪魔。
実際複数回に渡り衝突しているので、注意喚起のため蛍光テープを巻いた。
当初から肩口1.5mということでここの支柱の設置は致し方ないと考えていたが、
強度に自信が持てないのでとりあえずつけることになた、
なお現状、ビニールハウスの強度が意外にしっかりしているようなので、屋根部材フレームに短めのパイプをユニバーサルジョイントで固定し地上高を確保する予定。
そうすれば肩口の低さは、ほぼ問題がなくなるとは思う。

なお肩口の高さの問題は、当初より懸念していたが片潰し直管パイプが180cmしか入手できないためだが、作業終了間際にsolutionを見つけたので記載しておく。


キュウリ支柱用パイプを切断し使用する

参考までにキュウリ支柱用パイプはこれ
規格としては 径19mm  長さ 2.75m 肉厚 0.8mm
直線部分 約2.2mあるので、任意長で切断すれば肩口高さ自由度が格段にあがります。

直線部2mで切断すると、のこるアーチ部分がこれ。
P4282077.jpg
ハウス完成後に気づいたが、これを利用すれば屋根部分として使えるかもしれない。

P4282078.jpg
繋いでみると約1.1m。中間にパイプやジョイントを加えれば十分に屋根部材に使えそう。
もしこれからカスタムサイズ間口の自作ビニルハウスを作る予定の方はこの部材の利用を検討をおすすめ。


コストについて
手持ち資材もあったので、正確には積算できないが約25000円。
但し農業用ビニールは親類からの貰い物なので、0から作るなら3万円を超えると想定される。
まあprotoypeなので、こんなもんでしょう。
もちろん資材費のみであり、設置を外部委託すればコメリカタログの業務用ハウス見積もりから資材費なみの設置コストが追加されるでしょう。




関連記事
スポンサーサイト
2018/06/27 Wed. 20:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/332-033c6621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)