11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Daily genocide: 100均支柱で作る簡易ビニールハウス preliminary study 1 

家庭菜園を持っているなら、一度は温室もしくは簡単なビニールハウスがあれば思うことはあったと思う。

実は簡単なビニールハウスを昨年秋に作ったことがある。
もちろん蔬菜類を栽培している利害関係者からの要望に応じただけではあるが。


要望事項は
ビニールハウスにより気温低下を防ぎ栽培中のナス、ピーマン類の収穫期間を延長すること。
そのために簡便かつ安価にビニールハウスを設営すること。
ビニールハウスは恒久的施設ではなく簡単に分解移動ができること。


サイズ的には小さいので、1-2時間でできるでしょうと見込む、まあリカちゃんハウス温室版ですから。

設置にあたり用意したのは
ガレージにあった100円ショップで売っている支柱。
ビニールパッカー、クロスジョイントはDIY SHOPで購入。
あと農ビの代替品として透明マルチフィルムを使用した。


その時できた温室フレームの写真はないが、今季春設置したフレームとほぼ同じ。
IMGP3859.jpg 

若干見難いので、フレームの3D CGIを示します。
untitled.jpg
初めて安易にビニールハウスを作るとすればこのような形状になりがちではないでしょうか?
赤色で示した支柱は強度補強が目的、これらが無いと相当程度に強度低下。


グリーンもしくは赤支柱は直径16mm 1.8もしくは2.1m。 2+19 単価100円
yellow赤支柱は直径11mm 1.8もしくは2.1m。2+8 単価100円
クロスジョイント 約60個 約1500円
ビニーパッカー   約60個  約1500円
透明マルチfilm 0.02mm 1.35mx50m 600円
温室フレーム諸元 高さ1.15m x 幅1.6m x 奥行き1.9m  面積3.04㎡ 容積 4㎥

1-2坪家庭用ビニールハウスkitからすると価格およびspecに比較してオモチャの内容です。まずは安価に作ることはできました。

評価
耐風性
最寄の気象台発表 17m/secに耐えた。
フレームはおそらくギリギリセーフ、フィルム固定に関してはまだ若干余裕があるもしれな
ただし周囲に遮蔽物が多いので実際風速はそれ以下。
補強支柱があるからどうにか耐えたが、おそらく開けた場所に設置すれば風速20m/secが吹くとかなり危険。つまり台風通過地域では、おそらく無理。


耐雨性
フラットなルーフなので非常に懸念していた点。
まあ各セクションに2-3個千枚通し等で穴をあければOK。
IMGP4033.jpg 
しかしハウスがこれ以上大きいとフラットなルーフはまずいでしょう。

保温性
支柱とフィルム接合部の隙間が当初は気になったが、その程度は保温性に殆ど影響はなく、かえって高温になり過ぎるのが問題。
初期にはまったく考慮していなかったが、ベンチレーションにより温度を下げる工夫が必要でした。

 
外骨格のみで全体強度を担保するのはこの程度の大きさまでかも。
20mm以上のパイプを使えば話はべつでしょうね。

改めて見直すと、ハウス形状が把握しにくいのでVRモデルをおいておく。
関連記事
スポンサーサイト
2017/10/08 Sun. 02:26 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/326-a0b969da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)