07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Daily genocide: 花卉園芸部防疫対策課強行班 

強行班のmissionは、
敷地内の花卉園芸作物のoutputを改善するため効果的かつ合理的な手法を用いて防疫対策を計画実施すること、

従って
家庭内圃場の対敵性生物への実力行使部門である。
もちろん強行班のhead countは1、自身のみである。
一人親方、もしくは一人センチュリオン、敵性生物数はもう無数ですから。

活動履歴
発端はゴラン高原に位置するPruneであった。
P7271937.jpg 
どのような経緯でここで栽培されている知らないが、一般家庭の庭には不釣り合いな大きさに成育している。
これがもう一日あたり数十個以上果実が落下。
利害関係者に尋ねると、ここ数年収穫は10個ほどらしい。
これでは害虫に対するanimal welfareのためにこのPruneが栽培されているようなものである。
これは看過できない。
そこで害虫から我々にPruneの果実を取り戻すため防疫対策の実施に踏み切った。

とりあえずガレージで使えそうな武器を探したが
見つかったのはタケダ園芸のフェニトロチオン乳剤、せいぜいプランター栽培で使うだろうハンドスプレー。これでは兵装が足りない。

そこでPrune栽培地域農協の防除暦を参考にしたが、どうも近隣のhome centreで購入出来たのはトラロメトリン水和剤くらい。

散布機はあらたに購入した。
P7271936.jpg

昔、アサヒファイアーアームズのフルオートマシンガンのエアタンクの超廉価版みたいなものである。
エアケージがないので圧力は不明である。とうも勝手にsafety valbeが低圧で作動するのでspringを数巻カットした。まあオモチャではある。

結果として
当該年においては約10kg、1000個の収穫を達成した。
強行班の最初の成果であった。
敵性生物の主体はスモモヒメシンクイとナシヒメシンクイであった。

後日、ハダニ、カイガラムシおよびソウカ病?の対策が必要性が確認されたが、まずは上記2種の害虫がmainであることが確認された。

なおスモモヒメシンクイとナシヒメシンクイに対策は後年も重大な害虫であることには変わりなくゴラン高原のPruneにおいて緊張関係をもった対峙が継続している。






関連記事
スポンサーサイト
2017/07/26 Wed. 11:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/320-ad3363aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。