09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Daily genocide: イチゴ白書 2017 interim report Portfolio 

中間経過(継続)




F1 ELAN
一昨年イチゴの苗というものが売っている事自体に驚き、初めて衝動的に購入したのが本品種。
しかし最近までF1 ELANの評価は芳しくなかった。
評価している点は、株自体あまり大きくならないこと。
まず葉の色が嫌い、垢抜けない深緑。
他に四季成りのパフォーマンスが確認されない
果実は最大でも10 g以下かつ不味い等昨年度の評価は低かった。

改めて振り返ると、エランの紹介されているProfileの印象とは、悪い意味でかなり異なる。
仮説として現栽培株の形質自体に問題がある可能性が考えられるので、新たに比較目的で標準品としてエラン一株を新規導入した。
ラベルから今季導入株と2015年購入株は同じ栽培業者であるようだった。



栽培してみると、既存株とはかなり違う。

IMGP3884.jpg 
fig 1 新規購入エラン株の果実

この時点で他のエラン株に比較して明らかに大きくなりそうな果実。




P6181831.jpg
fig 2 同株の収穫時果実 mesh 10mm

P6261860.jpg 



P6291879.jpg 

32g。昨年度最大果実であったアイベリーと同重量。
普通に香りがありかつそれなりに甘い。
これが本来のエランの姿なら既存株は何なのか?

P6261862.jpg 
fig3 既存株 昨年度もこの程度の大きさ

現在、着果株 (10/12)でありエラン自体の開花率に大きな問題はない。
実はエランは他に非常に小さなランナー株を発生させた株があり、観賞用イチゴ放任区に放置しているが開花株はなかった。
これは四季成り品種にしては繁殖力が強いということで、本年度メインのハウス栽培に関係しないのでこれ以上言及しない。

しかし新規導入株と一昨年購入株では果実の大きさおよび質が全く異なった。





おそらくは種子繁殖ということで有性繁殖なので、通常のイチゴ増殖法であるランナーによる栄養繁殖もしくは無性生殖とは異なり個体形質のばらつきが大きのかもしれません。

来年度以降、優良開花株を含み8株程度用意し縮小再生産の方向。




自宅圃場のbest performance Elan株を紹介しておく。
他のエラン株と比較しても明らかに高成績。

P6301881.jpg 
fig.4 家庭内整理番号 Elan05株 後方のコヒーボトルは高さ13cm。

草丈 20cm、展開葉幅10cm、果房 5本。非常にコンパクトな草姿。
6月下旬でも開花し四季成りperformanceが確認できる。
現時点でランナー発生は確認できない。
最大32g果実を結実し、収穫継続中。
まあこの形質株が複数用意できれば万歳ですが。



エランというイチゴは通常株あたりどの程度収量が見込めるか公的機関報告書を検索しているがイマイチわからない。
10aあたりの収量であったりして1株あたりの収量が算出しにくい。
まあ営農事業が対象でしょうから。

個人的には前年実績から平均60g/株程度の収穫が達成できれば十分満足と考えている。

趣味で栽培するから1株あたり>100g収穫できれば大満足ですね。






関連記事
スポンサーサイト
2017/06/23 Fri. 17:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/316-a1f18716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。