11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Daily genocide: イチゴ白書 序1 

昨年春、庭にイチゴがあることに気づいた。
正確にはイチゴらしい植物が庭に複数見つけたということ。

当然、イチゴなど栽培経験もしくはイチゴ植物体そのものも見たこともなく
ずいぶんと大きな雑草を見逃していたとさえ思っていた。

昨年撮影したPHOTOではないが、今年もこのような野良イチゴがバラやツツジもしくは庭の隅に不作為に生えている。
通常グリホサート剤による処分をするところだが、必要な植物にあまりに近接して発生しているので処分が延び延びになったのは幸いだっかたかもしれません。
まあ単なる雑草にしか見えませんね。
IMGP3300.jpg 

後日、プランターに類似形状の植物体をみつけ、プランターを管理している家族に確認するとそれはWILD STRAWBERRYであることが確認。
さらに過去イチゴ苗を庭に導入したかもしれないと非常に信頼性の低い情報を得た。

またhome centreで宝交早生およびF1 Elan種苗を各2株購入比較し、どうもイチゴらしいことを確認した。

つまり自宅敷地の有効利用をmissionを付託されてる自分は、余剰なtaskをひきうけることになったのである。

このようにstrawberry field projectは、昨年非常に低いmotivationのもと黎明を迎えたのであった。
 
そして今年どうなったか


関連記事
スポンサーサイト
2016/07/30 Sat. 11:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/304-dcf210e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)