07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

daily genocide: horticulture prune 6 another Pest  

先週はじめて気が付きましたが、 
相当数のタマカタカイガラムシに寄生されていました。

木肌への見事な擬態は還付しますが、今となってはプルーンの収穫を妨害するものには
なんの躊躇いなく防除を執り行います。
と思えど、時期的には生きたタマカタカイガラムシは既に天寿をまっとうしてます。

一応来季対策にタマカタカイガラムシを検索すると意外なことが解りました。
樹皮表面を徘徊している1mm程度のオレンジ色の虫はどうもタマカタカイガラムシ若齢幼虫のようです。

こいつら
2k14_prune32.jpg

たまたま耕種的防除法を思いついたので試します。

ごく単純にガムテープを樹幹にまきます。

コモ巻きとお笑いウルトラクイズからインスパイア。

2k14_prune31.jpg

2日ほど放置。

2k14_prune33.jpg 
2日でこの程度補殺。
粘着面を表にした部分は、残念なことに若齢幼虫をトラップすることができずさほど効果なし。、
むしろ普通に張り付けたテープの間隙に勝手に若齢幼虫が入り込み死んでくれます。

ナミハダニもトラップされるようです。




1週間後にどれだけ捕殺できるか実に楽しみです。



今期のprune栽培管理についてまとめてみる。

  • 散布防除は、理想的には開花期から必要と推定される。
6月末の落果果実は、ほぼ全数に虫害があり。つまり遅くても6月上中旬から散布する必要はあるでしょう

  • 7月から防除でも相当量の収穫は見込める
着果数が多くて、シンクイが寄生しきれなかった、もしくは発生数が少なかったか、どちらにしても幸いにも散布が偶発的に間に合ったのでしょうね。

  • 7-8月上旬までは、驚くほど生理落果が多かった。
7月中でも1000個以上。あまりに多いので途中で計数作業を中止。どうもそのような果樹の性質のようです。

  • 果実を食害する害虫は、スモモヒメシンクイとナシヒメシンクイであった。
ナシヒメシンクイの発生は栽培後期であった。
病害虫は室内で飼育羽化させて確認した。

近隣の無防除プルーンでは8月中旬までに全果実が虫害により落果していた。
無防除では収穫が全く見込めないことが確認された。

病害は極少数の灰星病?か炭疽病?罹患果実が確認された
  • 8月以降急速にナミハダニが増加した


  • 網掛け栽培の結果について
7月に網掛け後9月上旬に結果を確認した。
落果率は5-45%。平均20%程度。
落果は殆ど全てが生理落果であり、虫害例は確認されなかった。
但し生育遅延はあるようなので、逆に収穫期を遅らせる手法としての利用も可能。


散布農薬はアクリナトリン水和剤とフェニトロチオン乳剤を7-10日間隔で散布した。
昨年まで無収穫であったことから、これら薬剤は防除効果はあったと判断された。

樹冠部の被害果率が地上部より高かった。
3.5m近傍の数枝を選定も兼ね、評価してみました(9月)。
この時点で30-40%は食害を受けています。
比較的大きな果実であるぶん、それらひかい果実は実に痛々しく感じられます。
目線近くの果実の被害果率(達観で5%未満)と比較すると惨状は明らか。

根本的原因としては、樹幹部まで充分に散布できなかったこと。

散布量が十分ではなかった、樹冠部まで散布液が達しなかった等考えらえますが
それらの対策として剪定することにしました。

剪定前
2k14_prune34.jpg 

剪定後
2k14_prune35.jpg 
関連記事
スポンサーサイト
2014/09/23 Tue. 21:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/303-6261efab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。