09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Mountain stream: Ornamental fish 

以下のarticleに記載されたYAMAMEとの断定した表現は留保します。

理由
5-6cm未満の個体ではニジマスなのかサクラマス稚魚なのか個人的に明確な判断基準がない。
同様サイズ個体を30匹以上捕獲したが斑紋パターン不明瞭な2-3cm個体を除外すると、体側斑紋パターンは同じなので
同一のサケ科魚種だと思われる。但し採取point近傍の本流では釣れるのニジマス成体が殆ど。
従って、非常に近接した渓流タイドプールと本流で魚種が全く違うとは想像しにくい。
Netで検索する当該河川にYAMAMEの定性的な棲息は確認されている。
従って魚種は解りません



前回訪問した河川上流pointを探索。


成果物はこれ。
マス科若齢個体を4例を採捕。
コイ科に近縁なあれは計数対象外。
2k14_HANKG01_001.jpg

P6291389.jpg  

砂岩に埋没している蛇紋岩らしい石が多数見受けられます。
まあ後から調べたわけですが。

2k14_HANKG01_002.jpg




他にAnglerがいました。もしかしたら良い場所かもしれません。






そこら辺に、これが多数生息。大昔これを餌にYAMAMEを捕獲した記憶があります。
2k14_HANKG01_003.jpg
次回以降は餌に使用しよう。





これは非常に良いものを見つけました。
いわば渓流タイドプール。
別の狩猟本能のswitchが入ります。
2k14_HANKG01_004.jpg






この個体は小さすぎてかニジマスか判断不能。
netで検索すると、YAMAMEの存在はあまり記載例が多くないようです。
2k14_HANKG01_005.jpg



正確にはこれが最終成果物。

昨年生まれの幼魚とするとYAMAMEらしい2個体のsizeは解りますが、残り2個体の大きさに差があり過ぎ。。
明らかに孵化した時期が全長からすると違いすぎます。YAMAMEではないかもしれません。

過去数度にわたりこの種の魚を観賞魚として飼育を試みましたが、困難でした。




相変わらずrodを手で持ちませんので、残念な事態が一度ありました。
久しぶりにdragが鳴ったのである程度のサイズだったかもしれません。

ちなみに1匹たりもhookを必要とした訳ではありません。
関連記事
スポンサーサイト
2014/06/30 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/294-30b58711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。