11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Faddism: キャベツ曰く「あなたの健康に貢献するつもりはありません」2/4 奪われし未来 

さほど遠くない過去の話ですが、あらゆる TV displayがCRT(cathode ray tube : 別名ブラウン管)
であった頃、殆どのTVの広告には、必ず「画面はハメコミ合成です」という注意書きが限界に
近い小活字fontで記載されていました。
実感としてはこのような感じです↓。

画面はハメコミ合成です



実に心底広告に載せたくないのが、痛いほどわかります。詳しくは述べませんが。
 
最近でも健康食品まがい等様々のmediaで類似した大きさのfontを見ます。
「個人の感想です。薬効効能をうたったものではありません。」「画像はイメージです」
現在のHD規格の解像度で、表示しきる限界サイズの小ささのfontでの注意事項を
よく見かけます。
心苦しさが分かり易いですね。
 
 
英語版の表紙は以下の記載
Our Stolen Future:
Are We Threatening Our Fertility, Intelligence, and Survival?—
A Scientific Detective Story
by Theo Colborn  (Author) , Dianne Dumanoski  (Author) , John Peter Meyers (Author)
 
邦訳版の表紙の記載
奪われし未来増補改訂版
シーア・コルボーン+ダイアン・ダマノスキ・
ジョン・ピーターソン・マイヤーズ
井口泰泉解説
 
表紙の記載に大きな違いがありますね。
邦訳版には“A Scientific Detective Story”の記載がありません。
 
奪われし未来増補改訂版
シーア・コルボーン+ダイアン・ダマノスキ・
ジョン・ピーターソン・マイヤーズ
井口泰泉解説
本書は科学的推理小説です
 
サブタイトルがあると印象がかなり違います。
邦訳では意図的でしょうかサブタイトルが省略されています。
この省略の件はすでに多数の方が指摘しております。

つまり本書を科学的文献資料として扱うのは妥当ではないということでしょう。
 
 
 
 
 
本書で気がついた疑問。
 
0. やたらでてくる「コルボーンらは、……」という表現。つまり第三者からの視点で文章が
記述されています。
よくノンフィクションでみる書き方です。本書の出版趣旨からすると奇妙。
コルボーン自身単独で書いたのではないんでしょうね、どうしてこのようなスタイルなのか。
そういえばコルボーン意外の二人の著者は、一体この本の内容に何か寄与しているの?
読んでいるとコルボーンらが書いたことを忘れ、なにか第三者が客観的に彼らを
評価しているような印象を与えます。
それが目的でしょうか? 自分で書いた書籍業績?を自分で絶賛しているようなことになりますね。
企業内の艱難辛苦を乗り越えた新製品開発ドキュメント小説みたいな体裁です。
おそらくかってのNHK Project Xをノベライズするとこんな感じでしょう。
 
 
 
1.    文書表現に「驚くべきことに・・」「恐るべきことに・・」「・・という事実が明らかになった」 との表現が
目立つ。
まあ誰かライターが、文章の歯切れを良くするために手を入れたのでしょうね。
到底科学者はこのような書き方はしないでしょう。
私たちは凄いんですとでもいいたのでしょうか?
少なくとも事実という単語ではなく推定、仮説、推測という単語を使うでしょう。
 
実験内容の紹介も「驚くべきことに・・」「恐るべきことに・・」等情緒的表現が多用されており
文章量が水増しされています。
まあ解説の井口泰泉解説の文書は標準的な科学者の書く文書です。
それと比較すれば余計な情緒表現が多いことに気が付きます。
 
 
2. 本書で使われる「調べた」の意味
Dr. Theodra Colbornの経歴(wikipedia)より、子育て終了後に第2の人生のために
57?歳を超えて
動物学博士号を取得したようです。
年齢的に実験室内で実際に実験作業をやるには辛い年齢ですん。
薬剤師のようですが大学を卒業したのは1947年のようです。
肩書きは世界自然保護基金 WWFの科学顧問。この点も留意しておきましょう。
 
実験というのは意外に気力体力資金が必要であり、Dr. Theodra Colebornらが本書の
内分泌撹乱物質関係の文献資料を調べだしたであろう1980年代後半には齢60歳の女史自ら
実験を行ったとは思えません。
 
 
自分が読み返した限り「Our stolen future(奪われ未来)」で言及されている試験研究で、
実際にコルボーンらが実験動物を用意して被検物質を投与するなどの実験は一切行っていないようです。
別の言い方では、「・・・・の実験の結果・・・の事実が明らかになった」。この部分はコルボーンらが眼前で
確認したのではありません。
 
つまりコルボーンらが調べたとすることの意味は、文献検索もしくは文献調査をしただけ。
追試を自らの手で行った様子もありません。
文献調査というのは、なんと申しましょうか続けていくと、文献の情報が間違いのない事実であると
思い込みがちになり更に自分の望むvisionに近いものを切望するようになり、そのvisionから
逸脱するものを黙殺するようになりがちです。
ミイラ取りがミイラになるとでもいうのでしょうか。
 
どうもコルボーンさんは、調査した文献を何かのきっかけで内容すべてを正しいと思い込んでいるようです。
もしかしたら編集者が改変したのでしょうか?
「・・・の事実が明らかになった」このような表現は現役の科学者なら使わないでしょう。
 
フォン・サールの低用量仮説を当時驚くべきことに事実としてとらえているのですから。
 
コルボーン博士は羊クローバー病が、クローバーに元々内在する天然物質由来のホルモン活性物質として
存在することは知っていたようですが、なぜか本書では人工的に合成された物質のみ注視しているようです。
 
これは仕方ないですね、現在使われている化学物質、例えばここ2-30年以内に上市された農薬や医薬品、
化審法を通過した化学物質は、急性毒性試験から長期毒性試験、次世代に及ぼす影響試験等の準備が市販の
前提条件として整備されています。

つまりそれら安全試験を行うスポンサーもしくは特定の製造者がいますし、それらデータも各国政府
もしくは国際機関から概要についてある程度は開示されています。当然その化合物に何らかの問題が生ずれば、
それら化合物の製造企業が何らかの対策として追加の安全性試験を実施するでしょう。
 
ところがホルモン活性物質が例えば農作物や食品に元来内在していると、少々困ったことになります。
 
特定の製造業者のある化合物なら企業の責任だとして非難のターゲットにしやすいですが、
これが天然物だと非難の矛先に向けようがなく盛り上がりに欠けますね。
文句をつける相手がないからです。
彼らが問題提起しても安全性試験のコストを負担する責任を持つものが明瞭でないから。
 
 
 
 
 
 
環境中のホルモン類似物質
 
環境中に存在するホルモン物質として個人的にいくつか想像できるものはありました。
例えば、昔女性ホルモンを製造するのに汲み取りトイレの尿から女性ホルモンを濃縮生成する等の話を

聞いたことが
あります。まあいまとなっては本当かどう不明ですが。
これはホルモン類似物質ではなくホルモンそのものであり、分子当たりのホルモンとしての活性は
環境ホルモンと疑われた物質より数桁違う高活性を示す訳であり、環境中の内分泌撹乱物質総量の
うちヒトの尿中のホルモン総量は相当な寄与を果たしてると考えられます。また畜産業からの屎尿廃棄物中
のそれらの量も相当関係しているでしょう。
 
このように書くと、ヒトの尿にまさか環境ホルモンとしてそんな危険性があるとはにわかには
信じられないとおもいます。
物質の内分泌撹乱物質 女性ホルモンとしての活性の強さは、卵巣摘出マウスに投与して
子宮重量の増加を調べるらしいのですが、普通の人にはそんな実験は不可能です。
 
そこで普通の人でも妊娠中のヒトの尿中の女性ホルモンのポテンシャルを推定できる実験を紹介します。
まあ安易で簡単といえるか分りませんが。
 
用意するものはアフリカツメガエル(Xenopus laevis)とその飼育水槽、妊娠女性の尿、注射器。
方法としては妊娠女性の尿を注射器をアフリカツメガエルの腹腔内に未希釈で注射します。
そうするとあら不思議。アフリカツメガエルが抱卵します。
今日のように妊娠診断薬が普及する以前、ヒトの妊娠診断に使われたようです。
 
 
個人的には、環境中に存在するホルモン物質としては人工的に合成ところが図書館では年代を示す地層の
示順化石のように当時の世相を現す本が蔵書されています。
買ってはいけない」等この機会でもなければ一生読むことはなかったでしょう。
 
環境中の放出されるホルモン活性物質としての総量もしくは総活性量は、ヒトおよび家畜の屎尿廃棄物由来と
想定できますが、Dr. Theodra Colebornは何も触れていないようです。
 
 
 
「Our stolen future(奪われ未来)」Dr.セオドラ・コルボーン+α
20世紀末に話題になった環境ホルモン(内分泌霍乱物質)問題の発端になった書籍。和訳が出版された当時は、
結構話題になりましたが、ここ数年は環境ホルモンをキーワードとする書籍は殆ど出版されていませんね。
あの往時の喧しかった賑わいが嘘のようです。なぜでしょう?
いまさら初めて「奪われ未来」を読みましたが、この書籍(英語版原書)には驚くべき副題がついています。
Scientific detective story。勿論翻訳本にはこの副題の和訳表記はありません。
科学的推理探偵小説ですか? 驚くべき副題が付いています。何人もの方が邦訳版でこの副題が
記載されていない点を指摘されています。

例えると科学的素養のある方が書いた「複合汚染」のような書籍でした。読後の感想ですが、
 
総じて本書は書いてあることは、一回は微分して考えた方が良いでしょう。
 
 
 
環境ホルモン関係で日本で最終的に評価されたのは、人口的化合物ではなく自然物由来の大豆イソフラボン
(子宮内膜症)くらいではないでしょうか?
あと環境ホルモンに関する以降の科学者間の議論は、生物学系科学者と化学系科学者間の論争に見えますね、
以上個人的感想であります。

関連記事
スポンサーサイト
2013/12/13 Fri. 22:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/259-4689d1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)