10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

雷本店 

徒歩移動範囲限界に雷本店があります。

2009年晩秋、長期間空店舗であった場所に開店。
薄暗く歩くのが不安な場所に煌々と明るい店ができたのは、北松戸住民には治安上ありがたい。
駐車場の車両ナンバーから広範囲の客が集まる北松戸では珍しいパターン。
店舗スタッフは4-5人、駐車場が5台以上のcapacity。席間隔も余裕があります。
雷本店の特徴は、気が利くフロア担当がいること。
イタリアンやフレンチレストランでは店の顔は、フロア担当者。ここもフロア担当者がよい仕事しています。

例えば一人客の席の割り振りも綺麗に裁いています。
多少順番が前後しても複数できた客に、テーブル利用を配慮しています。
当然配膳順は変わりませんが、前後する一人客には十分な説明はしています。
結果として店の合理的回転に貢献し、客も着席して落ち着けるのはありがたいです。
雷本店では開店当初割り箸がありませんでした。当時はmy箸がブームだったかもしれません。
ここのラーメンは脂質が多くプラスチック箸は麺を捕捉し辛く、フラストレーションを感じます。
そこで割箸の持込みを始めると、数回の訪問の間に割箸が用意されていました。
確か割箸を取出した瞬間後ろから割箸の用意がある旨、店舗スタッフから声を掛けられた記憶があります。

複数の客から割り箸の要求があったのでしょうね。よくみていました。
雷本店は券売機に無関係にsoup baseが選択でき、かつtoppingさらにsoup baseにより麺の量の設定が異なる等、バリエーション数のエントロピーは増大する一方です。
結果として、この煩雑なオーダーにフロア担当者が間違えないの?との懸念があります。
やはり人間の所業です。年に2回ほどGarlicが付いてきます。アナフィラキシーショックを起こすこともないのでそのまま頂きます。
ここ数ヶ月の丼の微妙なばらつきをご覧ください。
imageKORS001_20130218153211.jpg


imageKORS003_20130218153306.jpg
imageKORS005_20130218153307.jpg
imageKORS007_20130218153336.jpg

魚を選択すると、defaultではgarlicおよびお野菜は付きません。
どこにも店舗menuではこの点の説明はないようです。
Toppingとしても野菜を付けることは可能です。
ラーメンだと柚子は脂質でコーティングされ効きは、いまいちです。
魚だと麺の量が15%程度多いようです。

これも魚ですが、多少盛付が違うようです。
つけ汁の器は裏表が逆ですが、珍しく葱が盛られています。
キッチンには、黒か白いユニフォームの方のどちらかがおられます。
どうも両者ではfinalの盛付が微妙に異なるようです。
こちらは黒いユニフォームの方の時です。

Garlic半量を依頼すると別皿で頂きました。
スープは通常とライトの選択が可能です。
時々胡麻が掛かってないことはあります。

比較的最近のラーメン+辛味噌。いつの間にか、すりゴマになっています。
imageKORS006_20130218153336.jpg
個人的には黒ゴマよりこちらの方が良い感じです。

これも比較的最近のラーメン+辛味噌。すりゴマは掛かっていません。
辛味噌は丼に入っているほうがダイナミックに感じます。
こちらは白いユニフォームの方だと思います。
明らかに厨房の方により盛付けfinishが違うことが確認できました

こちらは最近のラーメン+カレー
スープは半量にしています。多少まぜ蕎麦風の雰囲気になります。
上記のラーメンと同様のtopping選択ですがスリゴマは入っていません。
Menu+topping毎にfinish形態の内規があるのか分かりませんが、厨房にいる棟梁によりfinalの形態が異なるのかもしれません。

imageKORS002_20130218153305.jpg
こちらは野菜。海苔は付きません。
キッチンに近い席で撮影すると色合いが違います。
ホールとは照明が違うかもしれません。
上の画像と肉の色が違いすぎますが同じものです。
時系列は前後していますが、最近このスタイルにしています。

開店当初は、ゲル状脂が多量に入っていた気がします。今は無いようです。
当時、スープは松戸二郎のような和食的甘味があった気がします。人の記憶だからアヤフヤですけどね。

残念ながら当時2009-10年の画像はありません。
これは通常供給されるラーメンとは、違いチャーシュー抜きです。
ラーメン屋でこのお願いが通るとは思いませんでした。受取り方により喧嘩を売っている解釈も可能ですから。

正確には煮豚ですが、慣例上チャーシューと呼称するようです。
景品表示法上から問題な気がしますが、まあいいか。
チャーシュー入りの場合、チャーシュー一枚以外に、ほぐれたチャーシューが入っている場合があります。
これが適当に脂が抜けていて個人的には好みです。
imageKORS004_20130218153306.jpg
以上画像をもとに比較すると、行く度に提供される仕様が微妙に異なります。
まあ店側の裁量範囲内の変動でしょう。


考察
雷本店で、ある程度以上食べ残すとフロア担当者が店外まで追いかけてきて丁寧な詰問を受けることがあります。
知人と話すと同様の詰問を受けた事がある方がいるようです。背景はあるようですが、割愛します。
ここを積極的に御勧めしている訳ではありません。
人の嗜好はばらつきが付物なので御自身で確認されるようお願いします。
松戸市内は、ラーメン屋の選択肢は豊富です。
雷本店はSB食品の朝鮮唐辛子相当品がカウンターに常備されていますが、今一 impactが不足。
個人的にSBのハバネロ・ペッパーの適合性が高い気がします。
つけ麺では山椒(Japanese pepper)の方が好みです。違った印象になります。
山椒とハバネロ・ペッパーは私物持込です。店舗側と未だ幸いなことにトラブルに至っておりません。
基本menuは少ないですが、toppingとの組合せバリエーションは多いです。
但し味噌は北海道の味噌ラーメンとは同等ではありません。topping対応でラーメン味噌とする店がありますが、味噌ラーメンは中華鍋で野菜挽肉を炒める専門店の方が宜しいでしょう。。

以上定点観測の結果です。比較的近所ですから。ラーメン通でも食べ歩きが趣味でもありません。
関連記事
スポンサーサイト
2013/02/18 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

この記事に対するコメント

おおむねメニュ制覇しましたと
思ったら雷飯がまだでした

consuella #grGQ8zlQ | URL | 2013/03/04 09:31 * edit *

徒歩圏内だけあって(?)通いこんでいる様ですね~

ココ、オープン当初は苦手だったのですが・・・
今はホント美味しいですよね!個人的には超お気に入りです(笑)

すろっとあにまる777 #- | URL | 2013/02/22 04:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/244-1deb0b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。