10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Catfishing : semi-rigid rig 自作 2 

discovercatfishing.comの記事に触発されて、rigを作製し始めて2ヶ月。

意外にも結構使えます。

本来はsinkerを着底させhookを底から浮かせるだけですので、適当なfloatがあれば間に合うはずでした。
しかし、あれだけ何のための用途か不明なものが販売され入る釣具屋でも適当なfloatは、売っていなかったのはそもそもの想定外の事態でした。

まあそこでfloat部分の自作を試みることにしました。



 
第一世代
2012_USfake02.jpg
基本rigに追加予定のbaitcage variantでのfloat用として製作しました。
とにかく綺麗にrig部分が水中に立ち上がり、サスペンドし、hookが河底よりサスペンドすれば合格です。
ハリスは、最大3本まで装着できるように構成。
 2012_USfake08.jpg 
結果
rig部は、水中で綺麗にサスペンドします。取手、木下βでテストしても、hookが水底から離れているためか根掛はしないようです。ところが木下γ石積でテストすると、何かに根掛。どうも木下βとγでは根掛の質が違うようです。木下βはラインとか小枝に根掛しますが、γでは潅木そのものが水底に溜まっているようです。
あとhookがrig本体に絡みますね。Float部分を複数に分割するmeritは何も無いです、float部のラインが長いほど絡むだけ。
Rig本体の耐久性は、baitcage自体が木下γで払底したのでbaitcage variantは中断、simple variantに集中。
ハリスも1本で十分、位置はfloat上部にクレン親子swivelでの接続することにしました。Game result無しで終了。第1世代試作rigは全滅。
 
 
第2世代 
2012_lake_kasumigaura31.jpg

左は第2世代2号、右が4号。
 いきなり完成度が上りました。インナーにはワイヤーを使用し、発泡素材の表面保護に蛍光テープを使用し視認性の向上を図りました。4つ試作品を用意しましたが、Lostは霞ヶ浦での1個のみ。

特記点は、あの木下βでのlostがありません。ようやくprototypeまでたどり着いたようで。

どうにか耐久性試験に入れそうです。基本、耐久試験は壊れることが終点ですから。

ということで、ようやく破損する箇所が見つかりました
2012_lake_kasumigaura32.jpg


2012_lake_kasumigaura33.jpg

4から6日程度の使用後に、ワイヤースリーブが発泡素材本体に食い込み破損を生じるようです。

理由としては、キャストの着水衝撃がかなりあるようです。インナーライナーが軟質チューブだと着水時の衝撃を受けきらないようです。



第3世代
2012_lake_kasumigaura34.jpg

左は完全に第3世代、右は第二世代の改装品。

着水時の衝撃を緩和する手段として
  • 底面の形状をflatからroundにする
  • 発泡素材の直径をΦ20から16mmに変更
  • インナーライナーを軟質チューブ0.6mmからプラスチックパイプΦ3mmに変更
  • float玉はインパクト緩和のために上部に設定。

まあ現在改善できるのはこの程度です。週末から稼動予定。
   
蛍光テープの効果はよく分かりませんが、float部材保護フィルムとしてでも考えておきましょう。


こんなつまらないデバイスでも最適化は面倒ですね。
比較実験は、常に条件を一つだけ変更して比較検証する必要があります、ここではそのような地道な比較検証はやってませんが。


そういえば一つだけまともな比較検証があります。
sinkerとの接続に、なぜワイヤーを使うのか? 通常のラインでの接続が長さの自由度があり簡便ではないのか?

結論は、以下に示す通り。
2012_lake_kasumigaura35.jpg

CCFのspin actionで、とことんラインが絡みます。他のarticleと比較してください。demeritは明確です。



Spinout variant
2012_lake_kasumigaura36.jpg

夜戦用デバイスです。曳光弾のような軌跡が見えます。
少々面白そうです。


関連記事
スポンサーサイト
2012/05/30 Wed. 18:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

この記事に対するコメント

Re: ひょっとして・・・

> さきほど(17日)利根川の取手側でお世話になった方ではないでしょうか。
> ぜひ、またご一緒させて下さい。宜しくお願いします!



はじめまして。
御推察の通りです。
103cmのSilver carpはniceでした。遅い返信申し訳ありません。
15.3kgは素敵でしたね。

Consuella #- | URL | 2012/07/02 20:42 * edit *

ひょっとして・・・

さきほど(17日)利根川の取手側でお世話になった方ではないでしょうか。

いや、ご本人さまに間違いないと思いますので改めて御礼申し上げます。
利根川、アメナマ、ハクレン、ボラとまさにあのポイントに特化した内容で
びっくりしました!メチャメチャ濃いですね。

私は最近あの場所に行くようになったのですが、そのほかにも坂川とか
新坂川で鯉を述べ竿でやってます。

ぜひ、またご一緒させて下さい。宜しくお願いします!

RT #tzI/4JbY | URL | 2012/06/18 00:28 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/227-e3550d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。