07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Catfishing : semi-rigid rig 自作 

 
discovercatfishing.com等に記載されているrigを模倣し、ここ1ヶ月程使用してみました。

目的
根掛の頻発する木下で、floatを用いることでhook位置を上げて根掛の迂回性向上を意図した本rigの有効性を確認する。
baitcage付およびそれを備えない両方のtypeのrigについて評価する



取手、木下でtestしましたが、潅木がそのままに沈んでいる木下γ石積近辺で集中的にbaitcage variantをlostしましたが
基本的に対根掛対策としては程々の実用性はあるようです。

釣果に関しては、低水温が週末に周期的に遭遇し、昨年度よりタフな条件なので明言できることはありません。

sinkerは着底し、餌は底から20-30cmにサスペンドさせるデザインです。
勿論ターゲットは大型個体。

改めて眺めると、全く大した創意工夫のあるrigではありませんね。
2012_USfake22.jpg
ショックリーダーは、HAYABUSA ハイパークッション。
Yozuriの同等品も使用しましたが、クッションゴム自体が断裂した件がありましたので除外。
クレン親子サルカン経由でfloat部に接続。ワイヤーハリスもここに接続。
2年前はハリス付hookでしたが、大型には飲み込まれるので現行に変更。

float部の接続ラインはPE3.0号。float部接続ラインは可能な限り短く。




一応originalに対し、ある程度カスタマイズやfinetuneしている部分もあります。

昔はどのようにmainlineとrigを接続していたか、もう定かではありません。
mainline末端をチチワにして、エイトスナップでショックリーダーに接続。
接続スナップには小振りのDecoy V snapを頻用。

ただこのエイトスナップの鋼材末端が切りっ放しなので、メインラインを痛めないために軽く鑢でRを形成しておくと良いでしょう。
買ったままだと、このバリに外すときにラインが引っ掛かります。
2012_USfake23.jpg



基本的に2つ以上餌は必要ないと思いますが、付けるならこのスナップへ。
クレン親子サルカンではありませんが問題ないようです。
今回は、切身とcapelin丸掛けの比較のために使用。
2012_USfake25.jpg

ワイヤーハリスについているfloat玉は意味があります。
スナップでrig本体から話して捕獲したgameをnetから引出す簡易fishgripの取っ手代わりになります(想定外の副産物)。

殆ど剛体に近いワイヤーハリスがメインラインに絡むことも無く、トータルで実用性ありでしょう。
複数のワイヤーハリスを用意すると餌の交換は非常に楽になります。
個人の感想ですが。


暫定的中間評価
取手および木下β、γ、εで評価した。sinple variantのロスおよび根掛は無かった。bait cage variantは、木下γ石積近くで2個、木下εで1個、各々沈水した立木らしいもの?により根掛によりlostした。木下β排水路内でも1個lost。

ワイヤーハリスはrig本体に絡むことは殆ど無かった。

sinker接続部のワイヤーの有効性は不明。

総合的にまあ実用性あり。要継続検討。



2012_USfake26.jpg
こちらは、lure用ワイヤー。
最近細めの#42ワイヤーを使用しましたが、重篤な問題があります。
このワイヤーでSilver Carpを掛けると後端のスリーブからワイヤーが抜けます。
#36ワイヤーも同じスリーブ(Yamashita SS)を使用してますがこの問題は、発生しません。

#42でのみ起こります。Netで見るとこのスリーブ脱落は多々あるようです。
これらのワイヤーワークは、また別種のknow howが必要なようです。

やはり#36ベースで作製するのが妥当な選択です。
一般的に考えられるハリスの細さのmerit等は殆ど関係ないgame fishが対象ですから。


お陰で、Shimano 炎月 投星21g、Colt sniper、 Jackson ミクシム等歴戦の兵が靖国の英霊になりました。

人災と申しますか過失ですね。

御霊が安らかでありますように

合掌
関連記事
スポンサーサイト
2012/04/24 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/222-b79b595b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。