07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

Kitchen & Bar 次男房: 羊達の沈黙  

Kitchen & Bar 次男房
JR松戸近くのバールです。
移転前は近所だったのですが、夏に発展的に移転されました。

日本人に、そう馴染みの無い食材を提供している点はとても評価できます。
まあmenuがどれも旨いなどとは申しませんけどね。



まずは、Lamb。
意外に食べる機会の少ない食材です。
ディナーナイフでは、切れません。マイナイフ持参がよろしいかと思います。
このときはソムリエナイフではないLaguioleを持参しました。
合理的理由の元に所持してるので銃刀法違反には該当しないでしょう。
ナイフマニアの筆おろしには、とても良い機会ですね。
ナイフは眺めるだけではなく、偶にはfleshを切るときに使ってあげましょう。
残った肋骨に肉の一片すら残ってないことが、マナーとして望ましいですね。

2011_jinan_01.jpg




手前は玄米サラダで奥はムール貝。
レギュラーにムール貝を提供してる店は少ないです。
なぜこのコンビネーションかと申しますと、ムール貝を最初に頂きいて残ったスープを
玄米サラダにかけると非常に艶かしく美味しくなるからです。
玄米サラダは以前の店舗でのregular menuでしたが現在は、違うようです。

2011_jinan_02.jpg




これは鮎の塩焼きでしたね。多分意外に注文が少なくて私に勧めたものだと思います。

自身はスピノザウルス並みの食欲といいたいところですが、体格的にヴェロキラプトル程度ですが美味しく頂きました。
2011_jinan_03.jpg






鴨の腿肉です。次男房ではdefaultで付け合わせがグリーンサラダなのでpotatoに変更。

2011_jinan_05.jpg




次男房は、基本的にマスター夫妻とその御家族がスタッフとして経営されているようです。
個人的推測ですが松戸市内で、ほぼ最強に近い物理的抑止力をスタッフは保持しているので非常に安心です。
もちろんこの方を含めてです。
 2011_jinan_04.jpg
*正面は必要ないです。

いえばいろいろ対応してくれる良いバールであります。
但し以前の店舗より、大箱になり細かい注文をし難くなったのは残念といえば残念なんですけどね。
マスターが一人で料理しているので、比較的プレートが来るまで時間が掛かります。


席はカウンターが絶対的にお勧め,しかも右端。
week dayの方がよいです。  


当事者もみたようですね。    


皆様が幸せになりますように。
   
関連記事
スポンサーサイト
2011/12/10 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/206-e0215274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。