11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Mullet hunting:2011 木下周辺 

昨年の今頃から捕獲し始めたmulletですが、昨年の考察からの進捗を記載してみますね。


昨年は、
mulletが釣れ出したのは、Plugのsettingの改良によると考えていましたが、勘違い。

昨年はhookの自由度をふやすため、下画のような工夫をしましたが実際どの程度の寄与が
あったかは定かではないですね。今眺めると非常に無様にもみえます。
mullet_plug17.jpg
いまでは、このようなsettingはラインにhookが引っかかる確率が増加するだけでdemeritとの解釈です。

単純に水温が低下して、ハクレンが深い場所に、mulletが表層に残っただけの話です。



次に釣る場所ですが、
利根川全般にmulletはいますが、大型スクールを形成しかつ常在している場所は中流域では利根浄化センターと木下βしか知りません。


どの程度いるかといえば、この程度。




春先と比較すると、明らかにサイズが違いますね。




追記:
重要なことを失念してました。
小型の当歳魚のmulletが、岸近くに多量に群れてます。
当然夕暮れには、11月でもloup de merの捕食活動が診られます。
私は諦めましたが、どなたか替わりに奴等に鉄槌を下して頂けます様お願いします。




利根浄化センターは温排水の寄与が大きいようですが、あまりアクセスのよい場所でありません。
場所柄北風の卓越する時期に行ってみるつもりです。


そのような訳で、木下βがmain pointになります。

通常40m程度キャストすれば、十分です。

但し木下水門がクローズされていると、条件が厳しくなるようです。スクールが沖合いに移動するようで明らかにキャスト距離が、あと10-15m程度必要になります。



そのような条件も踏まえて、20gと30g程度の2種類のジグを用意されることをお勧めします。

スクールの索敵には、この協力者は非常に力強いです。
上空を旋回するだけでmulletが暴れだします。幼少期のトラウマでしょう。
IMGP0269.jpg 

皆様に、大きなmulletがつれますように
関連記事
スポンサーサイト
2011/10/24 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/201-a108277c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)