06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Komfitz 2008 1000km超過 およびその職掌 

Komfitz 08 は、1000km超過いたしました。
前回articleから1年半が経過しましたが、以外に距離は伸びてませんね。
KHS M1216 Anormalは、その代わり大活躍でした。
大きな故障もしくは事故も無く過ごせたことは、まずは御目出度いことです。

そこで今回ミニオーバーホールして、再度fine tuningをしてみようかな。


約9kgの軽量でコンパクトBodyは取回しが軽く、硬い乗り心地ですが乗ると何か楽しい小径車です。
自己採点では、80点。
現状でも概ね満足、ここは思い切ってやってしまいます。



問題点の切り出し

ギア比
最大の問題点。
フロント50T、リア12Tではケイデンスが飽和し軽すぎます。
これを問題点として見出すと、コストおよび手間暇が面倒なことになりますが、まあ仕方ないですね。


Chain脱落
3回のcyclingで1回は遭遇します。深刻な問題では無いです。
原因としてはMTB、ロード系部品の混在、RDスラント角度等考えると問題点を切り分けるのは面倒。
そこで最も物理的に簡単な対策を考えました。


Solution

SoraクランクはPCD110。面倒です、この規格で52T以上のChainringを探すのは。
用意できたのはFSA 52T。最初からTiagra辺りのノーマルクランクを買えばよかった。

CSは6500系の11-21T 9S。6500系部品は、なかなか手に入れ難いです。
今から改造を考えている方は、ロード9速系部品の入手性を考えると最初から10速系を強くお勧めします。
平坦地なので、クロスミッションが望ましいのですが、Tiagraでは11-21T等のCSは有りません。

KOMFITZ_2011_04.jpg 

文字通りのChainfall protecter。Front ダブルになったX-Speedからのカスケード移植。
効果はどんなものでしょうか?




ついでにbrakeshoe。
元モーターサイクリストなので、強めのbrakingをします。
コナーでもタイヤにトラクションを与えるためクランクを回します。
そのコーナーでも軽くリアbrakeを掠らせてますので、brakeは消耗しがちです。
Deore gradeのV-brakeをinstallしてるので、brakeshoeを買いに行くと、あら?
KOMFITZ_2011_02.jpg 
ブロック別体型のbrakeshoeしかありません。
しかもペアで2000円近く。旧来の一体型のDeore brakeshoeはありません。
しかもLX brakeアーチは、この形式のbrakeshoeで2300円?
この部品が安価な消耗品と想定してると、少々参ります。
サイクル関係の雑誌は読まないので、何時から変わったの知りませんが。

KOMFITZ_2011_05.jpg  
まあシマノは、結構な会社です。競合に勝ち残った会社の理想的なやり方はこれなのでしょうか。
最終的に企業間競争に勝利すると、相当メリットがありますね。
近年は、公正取引委員会は、どのような働きをしておられるのでしょうか?
製品としてブロックのみの交換になるので、ランニングコストは低下し文句が無いんですがね。
最初からinstallしてあると、なにもEnduserにdemeritは無いです。
どの程度良いものなのか、まあ試しみます。


KOMFITZ_2011_03.jpg 
ボトルケージも変えました。正確にはPETボトルケージ。
ケージ自体が左右可倒式なので、ボトルが取り出しやすい。
cycling用のボトルは持ってません、現地で自販機でPETボトル買うことが多いです。

Tire Duranoは、室内保管のため1000km超えても劣化兆候はないです。
昨夏は温度も高かったけど、やはりゴム製品は光化学反応が大きく劣化に寄与してるのでしょう。


駐輪場に置く買物用サイクルは、通算2回目の昨年夏にグリップラバーが溶け始め、可塑剤が滲みだした様になりました。
直射日光を避けて保管する事は重要です。
X_speed_01.jpg 
見事な物性の劣化です。グローブに粘りつきます。




自転車は室内保管です。
屋外自転車はcyclingのツールという職掌がありますが、室内では別の分掌があります。

このような職掌です。
KOMFITZ_2011_01.jpg 
Specialized社製トライアスロンバイクは、構造から物干し台としての分掌は個人的に高く評価してます。
トライアスロン独特のエアロバーによる洗濯物の高収容量は、高く賞賛されるべきです。
tubeの太さが寄与する洗濯物の蒸散面積の画期的増大は、洗濯ロープ等の競合品の追従を全く許さないアドバンテージを誇ります。

Komfitzはtoptubeの形状により、Specialised社製品に物干し台としてのpotentialに到底及ばない点は、返す返すも残念ではあります。

関連記事
スポンサーサイト



2011/02/08 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://zardoz2293.blog32.fc2.com/tb.php/161-72c585d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)