12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

fauna & flora: Aquarium Equipments 2 座布団を投げないでください 

Tetra GA-600を立ち上げて4ヶ月目。
アクアリウム セットのreviewを書くつもりが、唐突にハイドロボール底砂の話にしてしました。

多少なりとも 創意工夫したのはいまのところこの点くらいですから。

もう少しこの件の話をすると、
当初は昔のように焼成赤玉土を使用する予定で、3-4軒のホームセンターで焼成赤玉土をみてみましたがどれも指で押すと簡単に崩壊する程度で、以前使用していた硬度の焼成赤玉土は見当たりませんでした。  おそらく製品ベンダーにより硬度は違うのでしょうね、適切な製品を選びましょう。

なお焼成赤玉土、ハイドロボールに類似した製品を最近見つけた。
PB052608.jpg
Protoleaf サイフォン
室内園芸用多孔質セラミックとの記載があるが、素焼きの植木鉢をいい感じに粉砕し角を取ったような素材。この製品は若干粒径分布が小さいことと色味が明るいのでメインで底砂には使用しません。
他にハイドロコーン、レカトン、セラミス等人工的栽培mediaがある
が、実際に触れたことがないので詳細は不明。


Practices

底砂に使用を考えた資材。
IMGP4929.jpg
右: 赤玉土の袋から硬めのものを選択した。室内水槽には脆くて使えない。
中: Protoleaf サイフォン。粒径分布はこんな感じ。水で蒸らしてもかなり白い。
サイズ展開は無いようだ。きれいに沈みます、底砂が白くても良いならこの選択も可能。
 多少は角が削れるがサイフォン自体に崩壊性の懸念は問題ないと思う。
左: 5mm メッシュ篩い分けしたハイドロボール。崩壊性、吸水性無し。表面の硬さは陶器なみ。
水に漬けると一応表面は濡れた感じはしますが。

ということで内部を確認するためハイドロボールをペンチで割ってみました。
IMGP4934.jpg
意外に簡単に割れ、中身を見ると様々なサイズの空洞が確認できます。
恐らく熱湯にハイドロボールを放り込むと空洞中の気体が膨張し気泡として表面からでるようです。
ついで冷却時に空洞の陰圧により水が吸い込まれるのでしょうね。  
なお煮沸処理しても沈まないハイドロボールを半年ほど外掛けフィルターの中に濾過材代わりに沈めて置きましたが、殆ど沈みません。沈まなかったハイドロボールは諦めて、鉢底砂にでもご使用ください。

 Preparation Flow
1. ハイドロボールを購入する
    ダイソーハイドロボールが突出して歪な形状。他のベンダー製品はおおよそ球状。形としてはダイソー製品が面白い。

2. 2mm メッシュの篩でふるいわける
    底砂清掃用gimmickに詰まると困るので、2mm以下のハイドロボールは廃棄

3. 煮沸処理する
   沸騰した水にハイドロボールをいきなり投入すると突沸します。

4.  室温に戻るまで放置
    この時点で浮いているハイドロボールは沈むことは期待できません。園芸用に使います。

5.  5mm メッシュの篩でふるいわける
    2-5mmのハイドロボールが分別されるが、若干比重軽めで落ち着きがないが有茎水草の植え込みもどうにか使用可能。
そのまま育苗容器にハイドロボールを詰めて挿しても有茎水草は浮き上がるので、夏季のようなギミックに茎を挿してからハイドロボールで包埋します。
 IMGP4941.jpg
まあこの部分だけでもProtoleaf サイフォンを使ってもいいかも。

ロタラ インディカ、普通に生育してます。
IMGP4942.jpg



結局どのようなアクアリウムを意図したか

底砂にソイルの使用は当初より全く考えていなかった。
まあ意図したところは
1. 定植の必要な有茎水草をmainにしない、多少は使いたい
2. 活着する水草を用いる
3. 嫌気的領域を底部に作りたくない
4. 水槽のリセットは簡便に
5. 底砂層は厚しない
6. 底部の沈殿物を楽に清掃したい
7. これから導入する魚が快適に過ごすため



清掃作業の運用状況
1-1.5cm程度しかハイドロボールを底面に敷いていないので、清掃作業は簡単。

IMGP4956.jpg

この清掃用ギミックは、エアポンプ用チューブと破損したハンドスプレーのパイプ部品から構成された廃品の再利用。昔も同様類似した構成のギミックを底面清掃および換水目的で使用してました。

工夫していた点は先端のノズル。
P2172741.jpg
通常は一番下の先端ノズルを使用。先端部を3mm程度に絞っているのでハイドロボール底砂に差込み沈殿物を吸い出しやすい。もちろん事前に低砂に用いたハイドロボールは粒径5mm以上に篩い分けしてあるので詰まることは殆ど無い。
シュリンプ主体の飼育で気がついたが、奴等は意外に糞の排泄量があるようだ、
それら除去に先端部を絞ったノズルはベンチュリー効果もあるのかピンポイントの清掃には便利ではある。
TOPのノズルはだいたい想像の通りの目的。




なお運用上の留意点は
稚エビは簡単に吸い込む、但しそれに起因して死亡することはなかった。

吸い出し速度は、800ml/4-5min程度、ピンポイントで沈殿物を吸い出すには妥当な速度と思うがヒトの価値観によるかもしれない

スポンサーサイト



2020/01/23 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

fauna & flora: Aquarium Equipments 1 

生体導入準備およびシュリンプ飼育環境拡大のため、新たに水槽をセットアップした。
Tetra GA-600 set (外寸 600x300x210mm、内寸 590x295x200mm)、実質30Lくらい。


PB252661.jpg

屋外スイレン鉢で栽培した水草と、小型水槽(10L)で飼育栽培していたシュリンプおよび水草を移動。




 

底砂の選択
底砂にはハイドロボール。
熱湯煮沸後、5mmメッシュで分別した物を用いた。ハイドロボールは煮沸処理をしないと沈まない。厚さは底面ガラスが隠れる1.5cm程度。以前に焼成赤玉土を用いていた時代は、底面吹き上げ式にしていたので厚さ3-4cm程度敷いていましたが、今回は薄めに。

PB112642.jpg
ミクロソリウムとボルビティスは、石に接着剤に固定。
ルドウィジア・ペレンニスは、切断したPETボトルに粒径2-5mmのハイドロボールにいれて栽培。
パイプとチューブを組合せたgimmickは水底沈殿物を選択的に除去する目的。純粋に換水目的とするには若干吸い出し速度は緩慢ではある。

IMGP4881.jpg
 ハイドロボール利用のmeritとdemerit

比重が小さい。数値は不明だが、コリドラスが動き回ると簡単にかき回すことができる程度。
多分底面吹き上げ式濾過を用いるとハイドロボールでは軽すぎて底面プレートが浮き上がるでしょうね。
上記のヤワな清掃用沈殿物吸い出しtubeでも簡単に底までノズルが達します。
なお同チューブは先端部を絞っておりベンチュリー効果によりピンポイントで効率的に沈殿物を吸い取れます(個人的な思い込み)。
以前は焼成赤玉土を使用してましたがハイドロボールは硬く形状崩壊が皆無なので焼成赤玉土のように微粉の発生は殆ど無いようです。

なお有茎水草には粒径2-5mmに選別したハイドロボールを用いているが、もちろん肥料分等或るはずがないので成長はよくない。まあいずれ活着する水草のみにする予定なので有茎水草の生育が悪くてもさして問題はありません。

ハイドロボールを底に用いる理由は導入予定生体の孵化直後の稚魚がよく底面の砂の隙間に潜り込むから。
ハイドロボールのほうが焼結赤玉土より丸いのでその間隙は大きいのは望ましいことではある。
恐らくそのために稚魚が親魚に捕食されずに自然繁殖が可能だったと思う。


なお水槽底砂に焼成赤玉土を使うのは、1990年台初期に松戸の園芸用品店で見たから。
当時はネットが無かったので底砂に焼成赤玉土を使うのが一般的だったかは不明。
ただ綾瀬、町屋、滝野川等の観賞魚店によく行ったが、大磯石が一般的
だったと思う。

2020/01/10 Fri. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit