07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

fauna & flora: カイミジンコを用いた水草に付着した藻類の耕種的防除 2/2 

ミジンコを、稚魚の餌としての利用を考えていた。

通年、継代飼育維持できれば、 いずれ何かの役に立つでしょう。

ということで
ミジンコは食物連鎖の底辺に位置する生物なので、どこにでもいると楽観的見通しのもとで、
採取を行いました。



カイミジンコの入手方法


採取は
1. 近隣の一級河川の準止水ワンド
2. 上記と別個の一級河川の準止水ワンド
3. 周辺からの流入河川のない孤立した神社内の池
 
 各地点で表層水をPETボトルで約1L採取。
底泥はnon targetも採取する可能性があるので避ける。
(底泥を巻き込むと、ろくでないnon targetがコンタミする可能性が高い。ネットで掬い取ったほうがいい。non target: 各種環形動物、腔腸動物、軟体動物および節足動物 )


これら採取水は、どれも
1. ほんの数個体のミジンコ
2. ケンミジンコがそれなりに
3. 最も多いPETボトル底をうごめくカイミジンコ

 この採取水を10日程放置すると、ミジンコは消滅、ケンミジンコおよびカイミジンコのみになり
経過時間に伴いカイミジンコが増加。

これは当初のミジンコ増殖を命題とすると実に残念な結果である。
ケンミジンコおよびカイミジンコは、理科の教科書に載っているいわゆるミジンコの仲間ではない。
少なくともアクアリストに長年親しみのあるTetra gmbhのロゴデザインのミジンコとは全く異なる生物。特にカイミジンコは、行動からとてもプランクトンすなわち浮遊生物とは呼べないでしょう。
動き方はランゴリアーズおよび第11使徒 イロウルを想起します。


残念なことに
Youtubeやblogでミジンコ増殖の話も、カイミジンコとミジンコを取り違えている例が多いようです。実に不幸なことですね。
水たまりや水田でミジンコと思っていたのは、殆どカイミジンコだったようです。

これからミジンコの増殖を試みる方は、カイミジンコと取り違えないよう十分留意しましょう。


最近偶然にカイミジンコおよびミジンコに関する参考書籍を見つけたので紹介。

ミジンコ―その生態と湖沼環境問題   花里 孝幸

書籍の感想ですが、カイミジンコおよびケンミジンコが嫌いになりました。

なにしろ殆ど可愛げなくシンパシーを感じることはないですから、ピグミーグラミーの餌としても何も良心の呵責を感じさせないのはとても良い点です。


ということでカイミジンコは野外で簡単に採取できます。
最近、身近なカイミジンコの生息地を発見しました。
アクアショップのシュリンプ販売飼育している水槽。
ショップのシュリンプ水槽はカイミジンコ以外に招かざるゲストが生息し、鬼門。
具体的にこんな奴等
種名不明だが、結構昔からショップの水槽底砂で見かけます、サイズから十分肉眼で確認できます。外来種でしょうか?
貝形虫類の研究者の方のwebsiteから、シナアオナガカイミジンコに似ている気もします。
カイミジンコを日本語で検索してもカイミジンコ類の標準的大きさが1mm未満との記述が多いことを考えるとショップのシュリンプ水槽のカイミジンコは国内種では無い気がします。

それらショップ水槽のカイミジンコは、自宅水槽のカイミジンコより相当大きく、ウチのがナミハダニもしくはカンダワハダニ程度(1mm)の大きさなのに、ショップのそれは3mm程度はあろうかというサイズ。
外郭がコレステロール液晶の様でキレイではあるが、異様に敏捷な遊泳速度および形状から、到底かわいくありませんね。



うちの水槽に生息しているのはこれ。
IMGP4685.jpg
scaleは1mm。飼育した限り1mmを超える個体は確認できなかった。
P5292561.jpg
 
ゴミマルカイミジンコ?らしい。。。
他に楕円形のシルエットの別種カイミジンコもいるが、藻類の耕種的防除にはあまり寄与していないようだ。

 

飼育の留意点


飼育に関し特段留意することはない。
強いて述べると以下の特性があるような気がする。

  • 水温20℃以上だと良く増殖する
  • 水流が強い環境だとそんなに増殖しない
  • 水温が10℃以下になっても死滅することはない
  • 水道水に入れても死ぬことはないようだ
  • 餌の嗜好性は低く、シュリンプの餌と同じ
  • 短時間レンジ処理したわさび菜、レタス、水菜、ハコベも食べる

カイミジンコ飼育に注意することはないが、逆から考えると駆除は困難でしょうね。


それから
より簡単な藻類の耕種的防除法。
睡蓮鉢でカイミジンコを増殖しボルビティス等を2-3週間にわたり処理する。
IMGP4759.jpg

コケはキレイになります。ミクロソリウムも同様です。

IMGP4761.jpg


考察

40meshの粉ふるい。カイミジンコ成体が濾別できます。
IMGP4762.jpg


スポンサーサイト



2019/08/15 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit