05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Daily genocide: 100均支柱+19mm直管パイプ で作る間口1.8m ビニールハウス 4 感想戦2  

設置後約2ヶ月経過したので中間評価をしてみる。


ハウスの現状はこれ。
P6202129.jpg
W 1.8m H 2.2m D3.6m 肩口 1.5m。
敷地の余裕から、 秋に奥行きを1.4m延長予定。


P6202131.jpg
内部。
現状致死的問題はないが、改善が必要なのが奥行き中間部にある補強支柱。
およそ地上から1.45mあたりにあるのだが結構邪魔。
実際複数回に渡り衝突しているので、注意喚起のため蛍光テープを巻いた。
当初から肩口1.5mということでここの支柱の設置は致し方ないと考えていたが、
強度に自信が持てないのでとりあえずつけることになた、
なお現状、ビニールハウスの強度が意外にしっかりしているようなので、屋根部材フレームに短めのパイプをユニバーサルジョイントで固定し地上高を確保する予定。
そうすれば肩口の低さは、ほぼ問題がなくなるとは思う。

なお肩口の高さの問題は、当初より懸念していたが片潰し直管パイプが180cmしか入手できないためだが、作業終了間際にsolutionを見つけたので記載しておく。


キュウリ支柱用パイプを切断し使用する

参考までにキュウリ支柱用パイプはこれ
規格としては 径19mm  長さ 2.75m 肉厚 0.8mm
直線部分 約2.2mあるので、任意長で切断すれば肩口高さ自由度が格段にあがります。

直線部2mで切断すると、のこるアーチ部分がこれ。
P4282077.jpg
ハウス完成後に気づいたが、これを利用すれば屋根部分として使えるかもしれない。

P4282078.jpg
繋いでみると約1.1m。中間にパイプやジョイントを加えれば十分に屋根部材に使えそう。
もしこれからカスタムサイズ間口の自作ビニルハウスを作る予定の方はこの部材の利用を検討をおすすめ。


コストについて
手持ち資材もあったので、正確には積算できないが約25000円。
但し農業用ビニールは親類からの貰い物なので、0から作るなら3万円を超えると想定される。
まあprotoypeなので、こんなもんでしょう。
もちろん資材費のみであり、設置を外部委託すればコメリカタログの業務用ハウス見積もりから資材費なみの設置コストが追加されるでしょう。




スポンサーサイト



2018/06/27 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Daily genocide: 100均支柱+19mm直管パイプ で作る間口1.8m ビニールハウス 3 感想戦 

実作業進行およびその感想戦。

Reference dossiers and model

コメリのパンフレットは非常に参考になります。
P6202141.jpg
ハウス設営に必要な部材を把握できます。
初めてハウスを作る奇特な方には、この上ない参考資料。
興味深いのは、業務用ビニールハウスの見積もりがあること。
資材費と施工費の内訳があるが、施工費比率に驚く(約5.5:4.5)。

豊作ベジハウス KH2236を参考に。
実物をhome centerで確認し、基本的デザインに採用。
間口サイズ制限がなければ、若干の補強前提に購入することになったと思う。
1.8m間口対応のため、結構な箇所の切断が必要なので購入は見送り。


予備検討/現物確認

ホームセンターに19mm直管パイプおよび部材の実物確認に行ってみた。 

コメリ、DCM系ホームセンター、独立系ホームセンター等複数のHCで確認した店頭販売されている19mmビニールハウス用直管パイプは以下のもの。
直管パイプ 片ツブシ 直径19mm 180および150cm 
直管パイプ メス 直径19mm 180cm
直管パイプ オス (swaging付) 直径19mm 180cm
他直径サイズは、なし。

他に
直管パイプ オス (swaging付) 直径19mm 366および550cm
他直径サイズも、あるね。
この長さの直管パイプは農家のビニールハウス用らしく、当方では長すぎ。
ということで
肩口以下の部材構成は、これら直管パイプを使うことにした。

そして
ビニールハウスの最大の問題は、屋根部材をどうするか。
当初トンネルハウス用パイプを想定したが、利害関係者からハウスの見栄えの仕様変更のリクエストがあり取りやめ。
そこでこれらアーチパイプを屋根部材に流用することにした。
この部材選択が最も大きな問題。
使用したのは標準アーチパイプ。メス型を逆接続で180cm間口を担保できる長さになる。
この部材で、どうにかビニールハウス設営資材のめどが立ちましたとさ。



実作業からの考察

どうにか自作ビニールハウスは完成?し、現在は利害関係者の管理のもとに使用されている。
運用は設営資材のめどが立ちましたとさ。

以下に遭遇したDifficultyを列記。

直管パイプ(片ツブシ)を真直ぐに刺すこと。これがうまく行かない。

  P5222115.jpg
作業中に気づいたが直管パイプを打ち込むではなく、地面に穴を穿ち差し込む。
この考えだと作業が軽く済む。そのための道具がこれ。
最初からそう考えれば作業は楽でした、

レジャーシートを直角を出すため使用しました。何が問題かは実際にやるとわかります。
直角をだすのに、一辺2mの直角三角定規は手近にないですからその代替手段。

参考までに 温室、ビニールハウス自作等検索すると有用な情報が入手できます。


2018/06/23 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit