04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Daily genocide: 100均支柱+19mm直管パイプ で作る間口1.8m ビニールハウス 2 

間口1.8mのビニールハウスを作るのは面倒。

原因は、間口1.8mというsize。
圃場レイアウトから間口は事実上変更不可。
さらに奥行きが未定。つまり将来奥行きの延長もしくは短縮が可能、つまりある意味の拡張性が必要。

この条件では、市販ビニールハウスセット品で対応するものがない。
そこで店頭入手可能な直管パイプを組み合わせて間口1.8m ビニールハウスを作成することにした。


施工まで資材選定に紆余曲折があったが、実際のビニールハウスはおおよそ以下のVR modelの通り。
なお細かい部材補強支柱は省略してある。グリーンの部品は16mmの100均支柱。白は直管パイプ19mm。

Green House Proto 2018 by consuella2293 on Sketchfab


この大体の構成はわかるでしょう。
最大の思案のしどころは、屋根の部材をどうするかでした。




スポンサーサイト



2018/05/16 Wed. 03:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Daily genocide: 100均支柱+19mm直管パイプ で作る間口1.8m ビニールハウス 1 

今年もビニールハウスを設置することにした。

昨年度は100均支柱のみでビニールハウスを作成したが、深刻な強度的問題があった。
偶発的にハウス内補強支柱により倒壊は免れたが、風速16m/s以上の風で多分に崩壊が予想された。
昨年度は気象台発表によると最大瞬間風速19m/sを記録したが、幸い神に愛でられたせいか崩壊に至ることはなかった。
このような奇跡は、期待してはいけませんね。
台風シーズンには安心していられません。

ということで、
今年度は、農業用直管パイプをメインフレームに、100均支柱をパッカー固定および強度的補完資材としてビニールハウスを設営した。
利害関係者との調整で、
ビニールハウス間口は1.8m。奥行き 3-5m。高さ 2m程度。それから分解移設可能なこと。
以上が要求仕様として合意。


成果物(現在進行中)


gh00.jpg 
資材の検討だけで労力の6割くらい。

gh01.jpg 

gh02.jpg 
左右対称である必要性はないでしょう。

gh03.jpg 
進捗率80%というところ。


ビニールハウス諸元

間口 1.8m。奥行き 3.54m。 肩口 1.5m。 高さ 2.1m。



資材内訳


主構造材

直管パイプ 片ツブシ 直径19mm 180cm         11本
直管パイプ 片ツブシ (キュウリ支柱の切断加工品) 直径19mm 200cm         2本

直管パイプ メス 直径19mm 180cm         10本
直管パイプ メス 直径19mm 150cm         1本
直管パイプ メス 直径19mm 95cm           2本
直管パイプ オス (swaging付) 直径19mm 180cm         4本
直管パイプ オス (swaging付) 直径19mm 210cm         1本

屋根用構造材
直管ベントパイプ(バラ アーチパイプ) メス 直径19mm 135cm           9本 
直管ベントパイプ(バラ アーチパイプ) オス (swaging付) 直径19mm 141cm         9本

部材
クロスジョイント 19-16-11mm各種対応         約150本?
パイプクロス 19mm対応         15本
ダブルユニバーサル 19mm対応         約15個

film packer 19mm対応         約70本
film packer 16-11mm各種対応         約50本

農業用ビニールフィルム (シーアイ化成)  0.1mm  100㎡位。もらいもの。

film艤装および構造補完材
100均支柱  直径16-11mm 180-210cm           約20本


余裕のある方は各自資材コストを計算してくださいね。
概算でホームセンターで安物クロスバイク(7段変速以下)1台分でしょうか。
 

2018/05/05 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit