06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

daily genocide: horticulture prune 4 農奴と圃場とその利害関係者と農薬  

 先月末から圃場においてテンポラリーで農奴をしてます。

屋内で植木鉢10個程度をメンテすることと、屋外での植物栽培はかなり様相が違います。

まあ、自然が人に便宜をはかってくれることが殆どないことが、よく実感できます。
このようなガーデニングをやっていると、得てして自然保護に関心があると受け取る茎もありますが、
それは違います。
自然に親しむ気持ちではありません、自然は敵です。
いわば敵を知るためのintelligence活動かもしれません。


ところで圃場での大量破壊化学兵器のlaunching deviceたる蓄圧式散霧機ですが、
購入時にはハンドルに注意しましょう。最も力が掛る場所なので画像よりしっかりした構造のハンドルが付いたものが望ましいです。

あとsafety valveの位置があまりよろしくありません。作業中に振れやすい位置、大きさのためか、意図せずにエアが抜けることがありました。
作業中に触れることが無いようなサイズのsafety release valveを選んだ方が賢明です。

2k14_prune_008.jpg 
軟なハンドルと若干取り付け位置形状に問題がありますが、安価で結構な製品でした。



ということでPruneです。
一見多数の着果がみられます。この画像でも79個確認できます。
2k14_prune_009.jpg 
しかしよく果実を観察すると、既に着色がみられる果実があります。
それらは間違いなく落下します。予想される落果数は15個、

まあこの状態でも2割も落下するようです。


そこで散布後28日目の調査。

例にならい落果果実および生育状況不良果実を集めます。

ところが今回は504個。
さすがに分解を前提とする全量検査は面倒なので、目視で虫が居そうな果実を選択。
一応2反復。

目視で虫が居そうな果実を57個確認。
実際に分解してシンクイの食害が確認されたものが35個。
つまり目視のみでも虫害の可能性が装的できる果実を1次スクリーニングするには十分でしょう。

被害果率 35/504。
平均果実重量3.3g


ついでに虫害の認められた果実画像

fig1.松脂状物質の分泌が認められた果実。
2k14_prune_010.jpg 


fig2.果皮下に幼虫が食害し移動した痕跡が認められる果実
2k14_prune_011.jpg 



fig3a.右端に木綿針で刺したような孔の痕跡
2k14_prune_012.jpg 

Fig3b.
2k14_prune_015.jpg 




これらには確実にムシはいます。


分解調査結果
2k14_prune_013.jpg 

2k14_prune_014.jpg 


 2k14_prune_016.jpg 

以上よりフェニトロチオン+アクリナトリン散布の効果はあるようです。
本来は健常果の被害果率も計算する必要性があるかと思いますが、農業試験場ではないので
破壊検査まで行ってデータ収集するつもりはなく、非破壊検査で済ませています。
従って落果果実だけ調査対象にしています。

当初は殺虫剤に本当に殺虫活性があるか不安でアサガオ、バラ科植物に散布してアブラムシ、ハダニに殺虫活性を確認しました。
但しシンクイは直接すぐに虫体の死亡が確認できないため若干不安がありました。
一応効果は確認しましたが、

考察

完全にヒメナシシンクイの食害を抑えることはできなかった

落果果実には、3回目散布以降にも食害果実が見られたから

高さ2.5m以下の枝では食害の認められる果実は目視できなかった

おそらく充分な散布ができなかった高位置の果実に食害が多い





この圃場は概算ですが非食用園芸植物と果樹園芸+食用植物を合計して1a程度あるようです。
これはプルーンには関係しませんが、非食用園芸植物regionでは別の問題が悩ましてくれます。

この圃場は、不可思議な植生の特徴があります。
雑草図鑑に収載されているようなわかりやすい雑草が無く、鑑賞目的の各種野草とシソ科植物が卓越した優先を示しています。

そこで何が問題になるかというと
端的に申しますと、どれが雑草か区別がつかない。
まあ植物の分類学的知識など通常中学の理科の時間まででしょう。

おそらく単子葉類植物(細い葉の植物)が雑草だと思引き抜くと
想定外の大きな球根が地表に露呈します。
どうも春先に開花していたヒアシンス、クロッカス、水仙等の夏での姿らしいようです。
もううかつに草を引き抜けません。

どうにかササとスギナだけが解ります。
但しこれも非常に非除草対象植物に近接して生えているため、グリホサート液剤がドリフトの懸念のため散布できません。

できたら製造者には殆ど飛散の可能性のないムース状液剤にして、このおうなpinpoint除草に対応できる製品を上梓して頂きたい。


ちなみにこいつ等が圃場で多い雑草。
全部シソ科植物。
ミント、バジル、オレガノ、シソのどれからしいです。
私には殆ど判別不可能。
葉を潰せば香りがしますので、除草対象にはしていません。
2k14_prune_017.jpg 

2k14_prune_018.jpg 

2k14_prune_019.jpg 

2k14_prune_020.jpg 

2k14_prune_021.jpg 

2k14_prune_022.jpg 

2k14_prune_023.jpg 

2k14_prune_024.jpg 




スポンサーサイト



2014/07/28 Mon. 18:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

daily genocide: horticulture prune 3  

 既に1回目散布後ですが、これでは参考になるデータが何も残らないので
数値化および記述可能なデータは遅ればせながら記録することにしました。

 本来ならしっかりした試験計画を立てるべきです、pruneが曲がりなりにも収穫できればよしという程度の低い志ですので。



試験表題は
栽培前半の防除を省略した場合のPrune収穫量への影響
とでもします。

昨今試験計画デザインの妥当性には喧しくいわれますが、到底評価に耐える試験報告になりえそうにありません。
 
 

まず
対照区/無処理区がありません。非常識な話です。
勿論処理区はあります、
いまさらどうしようもないので、昨年度収穫結果(10個程度)を、対照区結果とします。



供試生物
Prune 1樹 品種不詳 晩成種 樹齢不明
樹高 約3.5m、 葉張り 約3m、 目通り直径 18cm
自家受粉するらしい品種
実は本当にこれがプルーンなのかは確認してません、伝聞です。
近隣の家にプラムがあるので比較してみましたが、どうも違いがよくわかりません。
B6C3なのかF1なにか系統が解らんとの話題にも似てます。
 


着果状態
着果数を推定してみました。栽培学上では常法があるようですが、敢えて我流で。

所期の摘芯はされ主幹から大きく3つに分岐、さらにその先に少なくとも3つに分岐。
そこに着果枝が3本つく。大体2m程度。
着果枝には30個/1m。

従って以下のように着果数は推定される
3x3x3x2x30=1620

以上より最低1620個以上が着果しています。おそらくそれ以上でしょう。
 
 

試験結果

落果した果実および着果枝を強く揺すり落下させた果実を評価。
  
 
虫害大
虫害中
小or痕跡
虫害無
X-day
1回目散布直前
全落果果実に虫害がみとめられた。
gradingは実施しなかった
X-day + 10
2回目散布後
1
2
3
10
 
 
 
 
 
X-day + 15
3回目散布後
0
0
4
12
 
 
 
 
 
X-day + 20
4回目散布後
1
0
2
70
 
 
 
 
 
 
1回目散布:フェニトロチオン50%乳剤 1000倍希釈 6L散布
2回目散布:フェニトロチオン50%乳剤+アクリナトリン水和剤 1000倍希釈 4L散布
3回目散布:フェニトロチオン50%乳剤+アクリナトリン水和剤 1000倍希釈 4L散布
4回目散布:フェニトロチオン50%乳剤 1000倍希釈 4L散布
全ての散布で展着剤を使用した
 
 
殺虫剤、効果があるようです。被害果率が急速に改善されています。
本来開花期から防除が開始されるべきですが、6月末からの散布でおそらく充分なレベルで害虫を制圧できたようです。
今年のシンクイの発生量が多いのか少ないかは一切不明。
従って、厳密には防除対策の効果であるとは申せません。

途中にアクリナトリン水和剤混用にしましたが、これはprune以外の植物でカンザワハダニが発生したため。

フェニトロチオン50%乳剤 JPY550/100ml アクリナトリン水和剤 JPY900/100g


 

もう一つの課題として収量の評価があります。
落果果実数は多い理由は何だろう?


実は、1回目散布当日に複数の着果枝に網袋をかけました。
目的は、有袋栽培的効果を狙ったこと、および着果数変動のトレース。
まあヒメナシシンクイがこのメッシュを通過することは無いとの期待もあります。
2k14_prune_003.jpg

本来、妥当な試験計画デザインだと評価もできるはずですが。
散布後20日現在106果/129果。つまり既に18%は原因を問わず落果しています。






理由は
2k14_prune_005.jpg 

2k14_prune_004.jpg 

結実し過ぎ。
品種にもよるが、最低 5葉/1果実程度の葉果比が必要なのに大幅に下回ってます。



2k14_prune_006.jpg 
中心右の果実が健常果、他が落果果実、種に中身が無く生理落果と思われ。


2k14_prune_007.jpg 

3日間、落果果実をためるとこの通りの量になります。
20-30果実/dayのペースで落果してますが、樹をみても減った印象が無いです。

2014/07/21 Mon. 22:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

daily genocide: horticulture prune 2 硫酸アトロピン  

 prune果実を巡り、招かざる利害関係者(おそらくヒメナシシンクイ)に対し宣戦布告する予定ですのが、手持ちの兵器を確認していませんでした。


敵対勢力ヲ殲滅タラシメン主力生物化学兵器

フェニトロチオン 50%(w/w)乳剤 100ml

前の管理体制では全く使用していなかったようです。
ずいぶん古い薬剤ですが、その分battle proofされているので、まあまずは良しとしよう。


散布器具
殆ど使用された様子がない散布機ですが、これは使えませんね。
シール性が低くオモチャです、各パーツ接合部から水が漏れます。
2k14_prune_001.jpg 
顧客満足度が低い以前の製品ですね。

そこで噴霧器を新規購入。
2k14_prune_002.jpg 
まあこれも昔、アルミエアータンクにアサヒファイアーアームズ製 FNC、Bushmaster、Tanaka Works WZ63もしくはJAC UZIを接続していた準空圧機器マニアには、苦笑いするレベルのシール性能の製品に見えるがまあ仕方がない。
もし散布量が2L程度だとしても、4-5L以上の散布機購入を勧めます。
加圧する容積が十分あった方が安定した散布時間が長くなります。
まあフロン12でフルオートエアーマシンガンを駆動した経験から当たり前の話です。
あと最初から延長ブームが付いた製品が便利です。


そのようにしていわば最低限の兵装および宣戦布告当日を迎えたのでありました。

今振り返ると非常に杜撰な散布計画であることは間違いないようです。

さて散布当日ですが、
プルーン果樹を日中みると、思ったより大きい。
家庭園芸サイズではなく、業務用、もしくは果樹園サイズといっていいくらい。
にわかプルーン栽培農家です。

現場で改めて散布機を眺めると、比較的基本的な問題にすぐ気が付きます。


何の根拠もなく調製した散布液は2L。

まったく足りないだろうが散布開始。
高さ2m程度までは綺麗に散布できるが、3m以上部分はこの程度の加圧ではかなり苦しい。
仕方ないので木に登り散布。
なにより2Lでは全く散布量が不足。
4Lを追加調製。それでも万遍なく果樹に散布できたとは言えないな。
まあ樹冠部分の散布はあきらめよう。


この散布量についてNETで検索してみた。

フェニトロチオン 50%(w/w)乳剤の散布量は 200-700L/10a。
これでは解らない。
さらに検索すると2m以上なら500-700L/10a。
プルーンの栽培密度は20-30 tree/10aらしい。
これで1本あたりの散布量が推定できます。

つまり35-16L/ tree

実散布量はかなり少ない、図らずも減農薬栽培になったようです。

散布機は3Lを買う予定で4Lを購入しましたが、できるだけ容量が大きい物を購入したほうが良いでしょう。
別にfullに入れなくていけない訳ではありませんから。


ところが散布後にある問題に気が付きます。
バラの木についたアブラムシなら、散布後数時間でアブラムシの死亡が目視できるが、
このヒメナシシンクイに対するフェニトロチオン乳剤の効果はどのように確認するか?

まさか、果実果肉内に侵入した幼虫が散布直後に死亡するとは考えにくいのだから。


2014/07/20 Sun. 19:17 | trackback: 0 | comment: 0edit

daily genocide: horticulture prune 1 開戦前夜 

 net上でPrune病害について検索したところ、当該する害虫は比較的簡単に特定できた。
ナシヒケシンクイらしい。

後日、採取した落下果実より同害虫成体の羽化を確認
並びに粘着テープトラップにより同害虫成体を確認補殺した。
Pest0701.jpg 
Pest0702.jpg 
よってpruneにおける招かざる利害関係者はナシヒケシンクイと断定された。


病虫害情報は、以下の情報源が確実。
  1. 居住地域の都道府県の農業試験場の栽培指針。
  2. JAの栽培防除カレンダー。例:青森県防除指針(核果類)
明確に収穫をターゲットとするなら、これらを参考にするのは合理的。
客観的なデータに基づいていますから。
個人のwebsiteを否定していませんが、やはり主観が卓越している印象があります。



そこで防除開始前の状況を確認

分かっているのは、無防除ではほぼ確実に収穫量zeroであること。
無防除では90%が被害果実になるとの情報がnet上に散見しましたが、ほぼその通りでしょう。
少なくともその可能性は無視できない程大きいよう。

通常prune栽培ですべきことは上記の青森県防磁指針内容となります。
およその年間防除スケジュールがimageできます。

残念ながら前管理体制では、まったく何もしていなかったようです。
既に6月末、この圃場はおそらくまずい事態でしょう。


そこでもう一度、圃場の状態を確認します。

前回は着果果実しか見ていませんでしたが、地面に相当数の落下果実が確認できます。
無作為に10個採取し、分解してい見ると
全例果実内に若齢もしくは中期に成長した幼虫が確認。
それら果実は一見明らかな虫害は目視ではわかりにくいものです。

さらに果樹上の着果果実をよく観察すると、素人目に問題なく見えますが、
よく見ると果実表面から松脂状物質を分泌している果実が散見されます。

これも果実を慎重に観察分解してみると、松脂状物質は果実表面のPoinholeから分泌しているようです。
さらにpoinhole近傍を観察すると、皮下に毛細血管のように幼虫が食害した痕跡が確認できます。

つまり一見目視で虫害の確認できない果実でも相当数が既に加害されて可能性があります。

ただそれら被害果実が達観で1/3以上あるわけではないようです。
幸いにもナシヒメシンクイの発生程度は甚大ではなく、ある程度の果実は収穫まで至ると判断した。

従って防除スケジュールとして3か月遅れのスタートになるが、防除作業を開始することを決定。



そこで、これら人語を解さない招かざる利害関係者に対し宣戦布告することにしました。

生物化学兵器を含む大量破壊兵器も躊躇なく使っちゃう要諦ですから。

なお圃場内の他有用作物に対し不利益を与えるstakes holderに対してもそれらを躊躇なく行使します。
集団自衛権としては当然。


x-day、開戦2日前。
2014/07/16 Wed. 20:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

daily genocide: horticulture prune 0 

この初夏、プルーンの栽培に関与することになった。

かなり唐突ではあります。


プルーンとはバラ科サクラ属スモモの果樹の栽培品種名。
特に食べた記憶はない。

というかセルロースで構成される生物はあまり興味の対象ではありません。

業務なのか園芸趣味なのかは詳細は、脇に置いておきます。


目的は、果実の収穫に至ること。

昨年まで収穫量zero。今年は目標収量は設定しないが、当然収穫量が多いほど質的目標達成度は高くなる。


そこで関与開始時のプルーンの状態について。

樹高 約3.5m、 葉張り 約3m、 目通り直径 18cm
果樹園サイズです、これは。

家庭園芸としてはあまり一般的なサイズではなく相当大きな果樹でしょう。

google map航空写真でも明らかに認識できるsize。

非営利栽培なので、果樹収穫を想定した剪定はされていない。



ざっと観察すると、


病害は、不思議な程病害と思えるダメージは無い。若干葉に食害痕がみられるがケムシ、アブラムシ、ダニ類等は一切目視では確認できなかった。


正直この状態から果実無収穫になるとは不可思議でもあり想像しがたい。

素人判断では、果樹自体は健康体にみえる。

現状では非常に多数の果実が結実しているが、数年以上にわたり果実が虫害にあり無収穫。

どうもこれが収穫期に向けてほとんどが落下するようである。

つまりこの虫害落果対策を行うのが喫緊の課題ではあります。





約2週間前の話です。

このように目的達成のため可能な限り阻害要因を排除するため情報検索を始めたのでありました。






2014/07/14 Mon. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Mountain stream: Ornamental fish 2 

取手緑地公園緊急船着場でcatfishing、 silvercarp snaggingしていると散策もしくはjoggingしている方から、話しかけられることがあります。

場所柄明らかにfishing expert好みの場所ではありませんから、話しかけられる方は基本anglerではありません。

彼らからすると、意外にcatfishやsilver carpの存在は意外に馴染みが無いようで、一人で何の感情の高揚もなく50-80cmの見慣れない捕獲した魚類の全長、体重秤量および写真撮影を粛々と進めている私は奇妙に見えるようです。

策の上からsilver carpははっきり認識できる大きさのためか、その好奇心にあがなえない方が階段を下りてきます。




そのように一期一会の会話は始まりますが、その中で必ず「この魚。召上がるので
すか?」との質問があります。

おもえば不思議な質問です。もしチャウチャウを連れていても、非常に稀有ですが手賀沼公園で見かけた肩にキバタンを乗せた人にもおそらく「どのように召し上がるのですか?」との質問は発することはないでしょう。

ヒトと魚の関わりは大胆に分けると二つあり、
  1. 食糧としての魚介類
  2. 観賞魚としての存在
以前より個人的スタンスはこれです。
死んだ魚が売っている鮮魚店
生きた魚を販売しているpetshop

最近偶然ですがFAO(国連食糧農業機関)も同じ様な分類をしているのを見つけたときは感心しました。

自分は2の範囲でしか魚とかかわりが無いので、どうも1の見方はしてません。
おそらく殆どのAnglerと公園で出会った方々は1のスタンスなのでしょう。

勿論、寿司やfish and chipsも食べない訳ではありませんが、その際使われている魚には全く興味がありません。

マダラ、サバ、サケ、マグロが観賞魚となりえないから。

でも近年30-90秒だけの鑑賞時間の魚もありかも?というスタンスでfishingをしてます。

しかしそれでもやはり泳ぎ回る腰の落ち着かないコイ科の魚は好きになれません。

好意的に解釈できるのは落ち着いた行動の肉食魚。
アフリカ産キリーフィッシュ、アナバス科、ポリプテルスがこのみ。
まあ正直言えばパントドン、ナンダスが好き。
snakeheadも15cm位のがいれば飼いたいところです。

理想妄想を申せば、バイカル湖あたりで20㎝未満で成熟するシーラカンスが発見され、観賞魚市場に流通すれば理想的なのですが、。


おそらく自身は世間一般によるanglerでは多少方向性が違うようです。
若干魚との向き合い方がANGLERと違うようなきがしてますから。
決して釣りをされている方を貶める蔑む、意味合いは決してありません。



さて
前回pointに再challenge。

じっと掌のカワゲラ筒巣をみる。
やはり難しい、ハスモンヨトウ幼虫は平気で踏み潰しますが。




RODは放置。その間に他のgroupがニジマスを捕獲し、自身のanglerとしてのpotentialの低さを再認識させられました。




1時間内にサケマス科稚魚を50例近く採捕。
殆ど金魚掬いのようなものでした。

このpoint以前は、yamameがよく釣れたそうです、度くらい以前か確認しませんでしたが
いよいよこのプラケース中のサケマス科稚魚が何かわからなくなりました。


残念ながら冷水魚飼育は困難なのですべてお帰り頂きました。
カージナルテトラ, ランプアイの替わりに水草レイアウト水槽で泳がせたい願望はありますが。
2014/07/09 Wed. 00:27 | trackback: 0 | comment: 0edit