03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Fishing: 利根川 木下ε 2 茨城に一番近い千葉 

千葉と茨城の国境を越えるくらいplugをcastする。

利根川中流域では、中々敷居の高いcast距離です。
木下βでは、ほぼ不可能ですが木下εでは簡単。

千葉茨城の国境はシナイ半島(独断による仮称)先端であり、あの1平方m程度の浮島のような魚釣島(同じく)は既に茨城県ですから。
現地をご存知の方は、比較的簡単にイメージできるでしょう。
2012_USfake31.jpg 


そこで本題のmullet huntingに戻ります。

確かに、ここは中流域でmulletを捕獲するにはone of the best locationであることは確かです。
どの程度居るかといえばこの程度。
2012_USfake27.jpg
colour correctionしてますが、これは漣ではありません。これはmulletのschoolです。
試しに魚釣島は越えてcastするとsilver carpが捕まりますが、このpointを通過してレトリーブするとある反応が目視できます。
それが全てが氷解します。

ここでmulletを捕獲するのは、容易。
schoolが非常に河岸から近い場所に局在しているからです。
逆に魚釣島以遠にcastしてはいけません、silvercarpが掛かります。

期待されるサイズは1kg前後 45-50cmです。
metaljigが最適化と思いますが、十分にchoreogrphyを効かせましょう。
Maurice Béjartになった気分で、ジョルジュ・ドンにボレロの振付をさせるぐらいに大胆に動かしましょう。
    
方法論的には急速なダートの後の短時間のポーズが非常に効果的です。
baseballでのチェンジアップでしょうか? とても効果的です。
面白い位にmulletが掛かります。今後面白い展開が想像できます。




基本スレ掛ですが、1/3-4程度は口に掛かります。
比較的大型個体(1.3kg以上)では、特にその傾向があるようです。

今後はmulletの口に掛かる要件を抽出して、方法を確立したいところです。


しかしこの様な理想的な状態は誠に残念ながら、4月中旬まででした。

先週末に再度確認したところ、mulletのschoolを構成する個体が全く入れ替わっております。
いきなり50cm級が消えて25cm級が殆どを占めております。
このサイズでは口には掛かりません。実際そのサイズが連続5例以上捕まりました。
2012_USfake29.jpg
このサイズのmulletは、小さすぎてfishgripが口に掛かりません。





比較的沖合いcastすることで1.3kg(口に掛かる)を1例確保した程度です。
2012_USfake30.jpg



多分この25cm級は、この冬利根川で越冬した50cm級とは異なる新たに遡上した個体群でしょう。


木下βでもmulletのjumpが見られるように、50cm級は水温上昇とともに本流に広く拡散したようです。

この様にして季節的に存在したmullet huntingのhotspotは、今シーズンの終焉を迎えたようです。

mullet hunting以外に色々観察して楽しめる場所ではあります。


スポンサーサイト



2012/04/30 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Catfishing : semi-rigid rig 自作 

 
discovercatfishing.com等に記載されているrigを模倣し、ここ1ヶ月程使用してみました。

目的
根掛の頻発する木下で、floatを用いることでhook位置を上げて根掛の迂回性向上を意図した本rigの有効性を確認する。
baitcage付およびそれを備えない両方のtypeのrigについて評価する



取手、木下でtestしましたが、潅木がそのままに沈んでいる木下γ石積近辺で集中的にbaitcage variantをlostしましたが
基本的に対根掛対策としては程々の実用性はあるようです。

釣果に関しては、低水温が週末に周期的に遭遇し、昨年度よりタフな条件なので明言できることはありません。

sinkerは着底し、餌は底から20-30cmにサスペンドさせるデザインです。
勿論ターゲットは大型個体。

改めて眺めると、全く大した創意工夫のあるrigではありませんね。
2012_USfake22.jpg
ショックリーダーは、HAYABUSA ハイパークッション。
Yozuriの同等品も使用しましたが、クッションゴム自体が断裂した件がありましたので除外。
クレン親子サルカン経由でfloat部に接続。ワイヤーハリスもここに接続。
2年前はハリス付hookでしたが、大型には飲み込まれるので現行に変更。

float部の接続ラインはPE3.0号。float部接続ラインは可能な限り短く。




一応originalに対し、ある程度カスタマイズやfinetuneしている部分もあります。

昔はどのようにmainlineとrigを接続していたか、もう定かではありません。
mainline末端をチチワにして、エイトスナップでショックリーダーに接続。
接続スナップには小振りのDecoy V snapを頻用。

ただこのエイトスナップの鋼材末端が切りっ放しなので、メインラインを痛めないために軽く鑢でRを形成しておくと良いでしょう。
買ったままだと、このバリに外すときにラインが引っ掛かります。
2012_USfake23.jpg



基本的に2つ以上餌は必要ないと思いますが、付けるならこのスナップへ。
クレン親子サルカンではありませんが問題ないようです。
今回は、切身とcapelin丸掛けの比較のために使用。
2012_USfake25.jpg

ワイヤーハリスについているfloat玉は意味があります。
スナップでrig本体から話して捕獲したgameをnetから引出す簡易fishgripの取っ手代わりになります(想定外の副産物)。

殆ど剛体に近いワイヤーハリスがメインラインに絡むことも無く、トータルで実用性ありでしょう。
複数のワイヤーハリスを用意すると餌の交換は非常に楽になります。
個人の感想ですが。


暫定的中間評価
取手および木下β、γ、εで評価した。sinple variantのロスおよび根掛は無かった。bait cage variantは、木下γ石積近くで2個、木下εで1個、各々沈水した立木らしいもの?により根掛によりlostした。木下β排水路内でも1個lost。

ワイヤーハリスはrig本体に絡むことは殆ど無かった。

sinker接続部のワイヤーの有効性は不明。

総合的にまあ実用性あり。要継続検討。



2012_USfake26.jpg
こちらは、lure用ワイヤー。
最近細めの#42ワイヤーを使用しましたが、重篤な問題があります。
このワイヤーでSilver Carpを掛けると後端のスリーブからワイヤーが抜けます。
#36ワイヤーも同じスリーブ(Yamashita SS)を使用してますがこの問題は、発生しません。

#42でのみ起こります。Netで見るとこのスリーブ脱落は多々あるようです。
これらのワイヤーワークは、また別種のknow howが必要なようです。

やはり#36ベースで作製するのが妥当な選択です。
一般的に考えられるハリスの細さのmerit等は殆ど関係ないgame fishが対象ですから。


お陰で、Shimano 炎月 投星21g、Colt sniper、 Jackson ミクシム等歴戦の兵が靖国の英霊になりました。

人災と申しますか過失ですね。

御霊が安らかでありますように

合掌
2012/04/24 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 一般的に植物は動物を食べない 

 一般的に植物は動物を食べない

過日、生物の問題集をこなしている時ある設問の解答がこれであった記憶がある。
設問詳細は既に記憶が無いが、自分の知識が至らないため設問意図が理解できないのか設問自体が不適切なのか不明な禅問答のような設問だった気がする。
その答がこれ。場違いにシュールな正答例でしたね。


珍しく日記風(15/Avril/2012)。

前日preparation
全tackleをランドセルに入れておきましょう。餌もできれば目立ちやすい色のポリ袋に入れて冷凍庫に用意しましょう。
この初歩的ミスにより非常に辛い一日を過ごした事のある方は、多分いらっしゃいますよね?

次に天気予報。悲観的予測のMAPION等が宜しいでしょう。
さらに河川局の利根川telemeterを確認。水温、濁度は布川。水位は取手で確認。
この時点で15日は、あまり宜しくないようですね。この土曜日の雨で週末16℃の水温低下も容易く想定できるので日曜日はtoughな条件になりそうです。 

当日朝は上記の環境parameterに加え風向も確認。気象庁アメダス
この時期風向は重要です。こまめに情報収集しましょう。これで目的地が決まります。今回は木下に決定。

なお離れた木下γ、δ、εを目的地にする場合、印西ふれあいバスの時刻も見てください。

そのような事情で午後からのmissionになりました。
到着後は必ずLife木下店。取手緑地公園のようなhospitalityの期待できない木下では水分食料の最終補給pointです。
何故かangler向けの餌?packageの売ってます。この辺りでは布佐ナリタヤ食彩館がbestな餌?揃えです。



fishing practice
通常3-4時間。平均的成果はChannel catfish、0-2匹。大型個体狙いなので、実に暇なfishingになります。

今回は特にある命題の確認がありましたがその経緯評価は画像的に以下のようになりました。

2012_USfake15.jpg
1.7kg 60cm
標準的な60cm個体は2kg台ですが、この個体は痩せています。


2012_USfake17.jpg
この構成のrigに落ち着きそうです。

今回2本ハリスを付けた理由は、餌の嗜好性を確認するためです。
以前から薄々気付いていたことですが、CCFはcut baitより1本掛けの魚が好きなようです。
サバ切身とcapelin1匹掛で比較すると、capelinが優先して食べられます。

日常CCFが見慣れて食べるのはいわゆる魚です。
一般的に利根川では魚の切身は泳いでいませんから。

アクアリストの観点からすると、飼育環境中の魚は中々新しい餌に馴染みません。
熱帯魚でさえ見慣れない餌には、慎重にアクセスするのが普通です。

まあ生涯初めて出会った魚の切身にアタックするCCFが貪欲な性質であることは確かですが、
やはりホールの魚を餌とする方が警戒心を惹起させないと考察しておきます。

2012_USfake19.jpg
中間のガード付hookは#2/0.。
意外に小さく60cm程度の個体には飲み込まれます。
下のGamakatsu #1hookより明らかに小さいし、多少外しづらい側面もあります。
敢えてガード付を選択する積極的な理由は無いでしょう。


2012_USfake16.jpg
5.9kg
暇なので、肩凝り解消のためmetal jigをcastします。
恒例行事です。
1匹確保すると飽きます。この程度の重量の個体は10分ほどで引き揚げます。


2012_USfake21.jpg
mulletを狙う場合、まずvibrationで群の位置を探ります。
vibration lureのレトリーブ速度では、mulletは掛かりませんのでhookも付けません。

本番はmetal jigですが、意外に表層しか通過しません。choreograhyに注意してgameを狙いましょう。
まあこの用途では、Shimano 炎月 投星がbestの選択でしょう。

いわばmulletとlureのオニゴッコですから、ダートの効くトリッキーなaction可能な炎月 投星は、有利な訳です。
本来の用途は知りません。


2012_USfake18.jpg
0.97kg
もう1例は0.93kg
残念ながら、今回は口には掛かりませんでした。


当日の水揚げ量は9.5kg。
木下での標準的結果でありました。

注: 1kg前後のCCF1匹が平均的釣果という意味です。Silvercarpは、あくまでも暇つぶしです。




2012/04/16 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Catfishing : pre-season2012 result 

discovercatfishing.comからのアレンジの雛形です。

Preseaonの命題

1. 従前は川底直置きだった餌をfloatを用いcatfishが泳いでいると考えられる層にサスペンドさせ評価する
2. rig末端に剛体ワイヤーを使用して根掛迂回能を評価する
3. ガード付hookの実用性を検討する
4. ワカサギ、カペリン(カラフトシシャモ)等の1匹掛けの方法を検討する


2012_USfake09.jpg
rig自体は、Duel 石鯛ワイヤー#36で構成されています。
自転車の変速ワイヤー並の剛性があり、非常に硬い。
semi-rigid downshot rigとでも申しましょうか。

肝心のfloatですが、適当な浮力の市販品が無いですね。前述のように、発泡素材から作製するしかないようです。
まあ単なる浮力材ですから。

フックはガード付を選択。

このrigで餌を川底から20-30cm程度離すことになります。
さらに底から離す場合を想定してsinker接続ワイヤーにラインもしくは更に接続ワイヤーを追加することを考えております。

以上のデザインで実験開始。


Simple version。
2012_USfake10.jpg
今期から餌に1尾丸掛けも検討してます。
綺麗に川底から浮いているようです。
ワカサギを使いましたが、意外にキャスト耐性あり。
ガード付hookなので、当然メインラインに絡みません。


 

baitcage version
2012_USfake11.jpg
これも綺麗に浮きます。floatは一つの方が良いです。
試しにカタクチイワシとワカサギ計3匹つけてみました。


A few minites after
2012_USfake12.jpg
鈴の反応から、3回ほどcatfishが餌にアタックしたようです。
暫しの静寂の後、引き揚げると以上のようになります。
或る程度の大きさの個体だったかもしれません。10cm程度のカタクチイワシが一撃で噛み千切られたので。
このイワシは、人間が食べても或る程度食べ応えのあるサイズでしたね。

硬い頭とpork liverはお嫌いなようです。




小さく連続的に鈴が鳴っていたケース
2012_USfake13.jpg
小型個体がアタックしてたのでしょう。
同じように内蔵のみ食い千切られたパターンは数度遭遇しました。    

これ以上、根掛の少ない取手でやっても本rigの根掛迂回性の評価はできないので別の場所を選択。




根掛といえば木下β。
ところがもっと根掛のシビアな場所があります。
ここです。
2012_USfake14.jpg
木下βはmetal jigでも着底前にリトリーブすれば、或る程度は根掛回避できますが、ここは違うようです。
特に石積に近いほどリスクは高いようです。

どうも木下βとは根掛の質が違うようで、立体的な木の枝がそのまま沈んでいるようです。
そのためhookではなくbaitcageそのものが引っ掛かるようです。

その分魚も居るかもしれません。

手持ちのbaicage rigは今回全てここでlostしました。昨年も相当数lostしました。鬼門です。


結論
このrigの有効性は検証不足で評価不能。
個人的には、結構期待してますが。




根拠の弱い考察

hookはswivel経由し弱装snapで接続してます。従って餌はハリスの固さにも関わらず自然に流れています。
hookの刺し方により自然に泳いでいるようにもみえました。勿論1匹掛けの場合ですが。

ガード付hookは確かに餌の保持性能が向上します。しかしこのrigでは圧倒的に何かが向上することは期待できないですね。
コストも2.5倍程度になりますし。

昨年から困っている点があります。snapがnetに引っ掛かります。特に通常使用していたCultiva製のsnapが掛かります。
改善のため今回より小さいDecoy V snap と Eight snap主体に構成しました。



discovercatfishing.com インスパイア系でSlip sinkerを用いたrigも、使用してみようと妄想してます。


先日、本blogをご存知の方とお会いしました。こちらからするとblogのvisitorに偶発的にお会いすることはまれであり、嬉恥かしの気分でした。今後の参考になる情報を示唆いただけたこと感謝します。

このblogで頻出する弱装snapなる単語は、一般的に認知されている言葉ではないようです。
個人的に弱装弾から類推して、私が勝手に作ったものです。
2012/04/11 Wed. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Catfishing: pre-season2012 protocol 

既に御存知かと思いますが、今年は春一番は中止

このoff-seasonは、国内雑誌で取上げられることは稀有なcatfishingに関しUSのサイトをサーベイしてますがいくつかの疑問が浮上してきました。

英語はUS居住者以外でも読めます。逆に他国のfishingに関する技術等の導入は少ない気がします。
一般的にUSの人は、2バイト文字圏の言語は読めませんから。

つまり日本のfishing関連情報は、殆どUSでは知られていないようです。
最近、入門書のような書籍を購入しましたが、各種知識の集約は感銘しますね、英訳して売れば海外でも日本のfishing skillに新たな敬意は払われるでしょう。まあ自分も知らなかったわけですが。

USのfishing site(catfishing以外を除く)のざっくりした感想は
恐らくUSの人は、日本にchannel catfishがいることは知らない。 知る限りそれに言及したサイトは無い。
またbaitcage(コマセ籠)は、ほぼ知られていない。 USのfishing siteで販売されている痕跡は殆ど見られない。
まあ個人的な推測ですけどね。

それでも、USのサイトには有用な参考情報はあります。

どのUSのcatfishing.siteで反復して述べているのは
「Channel catfishは、川底に寝転がっている訳ではない。底層を泳いでいる。Flathead catfishは川底で寝ている。映像見たら明らか。従って川底から或る程度針を離しておいたほうが良い。」 
実際にナマズを見た人は、たいてい水槽の土管の中で寝ているマナズの印象が強いのでしょうね。

ではどのようなrig、deviceでcatfishingをするのかという疑問を持つお嘆きの貴兄にはここがお勧めです。

http://discovercatfishing.com

Autherは、このような人物。
<引用始め>
Hi, my name is Steve Douglas; I am the owner and operator of Monster Rod Holders. I run several websites and blogs that are fishing and outdoors related.

I am professional competitive catfish tournament angler from the state of Kentucky, competing across the U.S. in the Cabelas King cat Pro series tournament trail, ranking, 2nd in the nation among my peers for two consecutive years in a row.

<引用終わり>

サイトのcontentsは同意できる点が多々あります。
まあ本場がUSですから、Catfishingの情報は国内はあきらめてUSのサイトから得ましょう。


discovercatfishing.comの記事に比較的考察部分が多いのは好感が持てますね。

pointは、餌を底から或る程度離す。その方法としてFloatを使う事。

discovercatfishing.comの基本的rig構成。
2012_USfake04.jpg
ワインのコルクでは、浮力は少々不安のようです。

baitcageでの使用も想定してfloat自作を試みることにしました。
2012_USfake01.jpg
購入した発泡素材。体積 125.6cm3 重量 13g。 比重 0.10g/cm3
つまりこのサイズ(直径20mm)で1cmあたり約2.8gの浮力が期待できます。
tubeは、インナーライナーとして使用。


一番上のFloatで約20gの浮力。所謂ウキではないので水面まで浮かぶ必要はありません。
水中でサスペンドしていればいいので彩色は必要なし。
2012_USfake02.jpg


基本rigに追加予定のbaitcage。 重量は8-12g
左からメッシュサイズにより夏用から春用。
餌をいくら入れようが餌の比重は1程度ですから、floatがbaitcageの重量を担保すればOK。
2012_USfake05.jpg



市販品saltwater用のウキでアッセンブル。
sinkerとの接続は、オリジナルはラインですが剛体に近いものが根掛に有効かも?との仮説からこのような構成にしました。
Hookは、上記サイトで紹介されていたCircle hookに類似したものを無条件に選択。
2012_USfake06.jpg



baitcage variant。準止水条件で確認しましたが、確かに水中でサスペンドしてます。
2012_USfake07.jpg



全体のデザインは、かなり長め。EURO SPORT CARP HEADS 390MH で使用してます。
2012_USfake08.jpg 

そこで木下と取手で実戦テストをしてみました。

2012/04/03 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit