10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Mullet hunting:2011 Synchronicity draft 

Synchronicity「意味のある偶然の一致」




承転結
Configuration 0
2011_MrigNOV01.jpg 




転結

2011_MrigNOV02.jpg
 
7g metaljig dual。
単純に考えて、この組合せを試験してみました。

2011_MrigNOV03.jpg
殆どのキャストで絡みます。実用性は低い。ワームの絡み防止資材として機能が必要ですね。



Configuration 1
2011_MrigNOV04.jpg 
総合的に、このconfigurationが最もまとも。絡みません。
遊泳姿勢は、殆どjigは回転せず小魚の群に見えます。
見かけ上4匹仕様でしょうか?


Configuration 2
2011_MrigNOV05.jpg
 
調子にのって、もうひとつjigを追加。


2011_MrigNOV06.jpg
キャストしても、さほど絡みません。距離はでません。


起承
2011_MrigNOV07.jpg

正面に見える黒いラインを超えてキャストするだけ。
それでmulletは捕獲できます。
40m程度のキャストです。残念ながらConfiguration 0では、Black lineに若干達せず。



Configuration 3
2011_MrigNOV10.jpg
21g+7g dual。
これは駄目です。バランスが悪いのか飛行姿勢が良くない。
21g jigの場所にウェイトのあるものをセットするのは宜しくないです。


Configuration 4
7g jig triple。これも駄目。


2011_MrigNOV11.jpg
このように絡みます。


2011_MrigNOV09.jpg
最もシンプルな21g jig + triplehook。
これが最もコンベンショナル。




起承転
2011_MrigNOV13.jpg 
1.55kg 
スタミナが無い点以外は、殆ど4kg Silvercarpと同様の暴れ様です。

 
2011_MrigNOV15.jpg
1.24kg
フックは口に掛かりました。たぶんジグを意図的にfallさせるときに釣れるようです。
今シーズンは4-5匹中1匹は口に掛かります。
その条件を切り分けたいですね。
しかし、なんというかlureで捕獲した気分はあまり感じません。



2011_MrigNOV14.jpg



2011_MrigNOV16.jpg
 


2011_MrigNOV17.jpg
 
configuration1で強度確認。
Silvercarp 4.1kgでしたが、rigに強度的問題は無いようです。


2011_MrigNOV18.jpg
 



考察

configuration1は、使えそうです。
7g X 2は少々飛距離が足りません。mulletの群まであと少し。
Anti-mullet weaponとしては、もう少し最適化が必要でしょう。

両方10gにするか、片方を18g 程度のジグを選択したほうが飛距離が期待できるでしょう。
別に左右対称型にする必要は無いですから。

偶然、気が付きましたがconfiguration1は、アラバマリグに似てますね。
収れん現象でしょうか?
その目的なら飛距離は問題ないですね。

確かに普段反応の無い20m以内でも何かが、rigにアタックしてくるようです。
もしかしたらバスかも知れませんが、バスはおろかブルーギルさえ釣った事の無い私には分かりませんでしたね。


スポンサーサイト



2011/11/28 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Mullet hunting:2011 木下周辺 対策/ plug benchmark 

 基礎的検討データとして、手持ちplugのベンチマークautumnを実施。

mullet huntingでは、なにより飛距離が重要ですから。
春先のB-評価以下のplugは除外。

飛距離はライン放出量で評価。

無風条件、Tailwalk Hugwar 8.2M、PE2.0、 BiomasterC2000、Duel Yozuri premium cushion 1.5mm 30cm
ラインは10m毎に色がかわり1m単位でマークの入っているもの。


5回程度castして、まあ満足できるキャスト時のライン放出量を評価。
最も飛距離が期待できないplugでもMaria Mar Amigo 24gですから、年末の競輪王決定戦みたいなものです。
ネット検索した飛ぶルアーも新たに買ってみました。




事前予想はこのようなもの
Nov161.jpg 





意外な結果でした。 こちらの方が直感的に分かり易いでしょうか。
Nov160.jpg




表にすると
Benchmark
NamecategoryDistance
Autumn
remarks
Maria Mar Amigo 24gVibrationBこのplugをB標準とした
F-tec Sorutia blade 21gVibrationB+
Jackson Mixim 19gVibration B+
Shimano Ocea lipless 19gminnowA-
Maria duplex 18gminnowAこのplugをA標準とした
Coreman IP 26gVibrationA+
Shimano silent assassin 26gminnowA+メーカー公表飛距離 71m
Tackle House ナブラ刑事 20gmetal jigA++3者間に差は無い
Shimano 炎月投星  21g不明A++3者間に差は無い
Shimano Coltsniper 21gmetal jigA++3者間に差は無い
Shimano 炎月投星  28g不明A++一応top

BからA++までのline放出距離差は20m未満。
BとAの差は10m。

A++分類は、どれも非常に僅差。それでもShimano 炎月投星 28gが1/2車輪優位かという程度。

metal jigグループの圧勝です。炎月投星も分類不明ですが、比較的metal jigに近いものです。
しかしminnowやvibrartionでも、jigに切迫してるものがありますね。
Coreman IP 26gは、netでの評判通りVibrationとして出色の飛距離です。
silent assassin 26gもbody sizeからイメージできないくらい飛びました。
これは驚愕でした。
weight違いのShimano 炎月投星では意外に21と28gの違いが顕著ではないです。

Shimanoは一部Lureについて飛距離を公表してるようです、
詳細なcast条件は不明ですが、客観的評価基準を提供する企業姿勢は前向きに評価されるべきでしょう。


そこでmullet huntingにどれを選択するかと考えると、
Vibrationは無いです、少し潜り過ぎ。Rodを立てて表層を狙うのも、有りといえばありですけどね。
やはりmetaljigでしょうか? 比較的安価ですし。
今回は2種類形状に異なるjigをもちいいましたが飛距離に有意な差は無いようです。

Shimano 炎月投星 21gが、最適な気がしますがあまり入手性が宜しくないようです。

飛距離の公表されているシマノルアーを使い、Dialuna906M で再度確認してみます。



追記
明確に飛距離を示すのは不可能なので、ラインの放出量での表現にしたのは少々歯がゆいです。

googlemap等で地図上の距離で飛距離が推定できることがあります。

その場所はここです。
豊田堰。 
ここでmetaljig 20gが対岸近くまで飛びます(Dialuna 906M)。
直線距離で75m。
今回とは条件も違いますが、Shimano silent assassin 26gの公称飛距離71mもあながち本当かも知れませんね。


2011_toride09.jpg
 
2011/11/14 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Mullet hunting:2011 木下周辺 対策/ Full metal jacket 

今シーズンも、ほぼ終了です。
最低水温が12℃を下回らない12月第1週までは、木下でも十分釣行は可能です。

それ以降の時期でも、利根浄化センターという飛切の迂回策もあります。


ここ木下は、利根川中流域での出色のpointではありますが、比較的機材のlostが頻発する場所です。
特にmullet huntingの好pointの木下β近傍は、格段にLostの頻発する場所です。

そこで機材lostの要因を切り分けてみました。


Trouble case study


case 1.
単純な根掛
 
case 2.
tetraに潜り込まれた場合

case 3.
10kg以上のSilvercarpもしくは草魚、青魚が間違って掛かりラインの放出が止まらない場合


以上のcase studyに対応させたのが以下のseting。



こちらは、mullet et silvercarp hunting device。
2011_inzaiNOV02.jpg

基本兵装は、
Dialuna 906M
PE1.5 + Larissa2500DHG
ハイパーモビロン Φ1.5mm 20cm

上はSlow jigingを意識した幅のあるmetaljig
下は最近のmain weapon シマノ炎月 投星。距離は出るしjigと違い回転しませんね。
エイリアンの幼生chestbursterに似て、眼が無いデザインがとてもキュートですね。


こちら、Anti-channel catfishing deviceですね。
2011_inzaiNOV01.jpg 

基本兵装は、
Carpheads 360M
PE2.5 + BIomaster C3000
ハイパーモビロン Φ2.0mm 30cm


PE main lineは、spiderヒッチ8回で輪を作りさらに輪の根元まで捲きつけます。
この輪を3重にしてヤリエ8の字スナップでショックリーダーハイパーモビロンに連結します。
これで105cmSilvercarpも捕獲しましたが、PEの結節が解けたりすることはなかったですね。
結節部分がガイドに触れないので、飛距離にdemeritがありません。

端的な話、一般的なショックリーダーのシステムが嫌いな訳です、面倒だし。


あとショックリーダーハイパーモビロンは、魚を網から引き出すのに便利です。ラインを直接掴むより指に負担がありません。
プライマリーフィッシュグリップです。





Solution

case 1.単純な根掛

全てのhookは、破断強度5-7kgの弱装スナップを使用してます。
これでも105cmSilvercarpおよび3.7kgのCatfishを捕獲してるので、実用性に問題が無いのではないかと考えております。
力ずくで引っ張ると、見事にスナップ部分が破断してplug等のdeviceはかなり回収できます。





case 2. tetraに潜り込まれた場合

targetを手前に寄せれば寄せるほど、PEラインがtetrapodの角に触れて切断される可能性が上昇します。
特にlanding直前は、plugもしくはhookに近いラインがtetra角に触れる可能性があります。
回避策として、20cmのワイヤーハリス avec ハイパーモビロン30cm.
先端部50cmが切断されようがありません。

徹甲弾仕様であります。

先端スナップのみ弱装であるのは、現代的なArmor-piercing shotの設計思想に通じる点があります。
実際ハイパーモビロン部分は、結構tetraに触れます。そのときのrodの感触は全く違いますので。

実はもうひとつ消極的かつ有効な対策があります。
rodをロープで固定して放置。
暫しの間にライフ木下店で買った軽いお弁当等をいただきます。もちろんドラグは充分に緩めておきます。
周囲のゴミを拾い公序良俗に貢献するのも、良い選択ですね。
10分後再度回収を試みます。意外にhookが外れていることがあります。

ここで無理に回収を試みたことが、device lostのほとんどの原因であった気がします。





case 3. 10kg以上のSilvercarpもしくは草魚、青魚が間違って掛かりラインの放出が止まらない場合

人工衛星もしくは隕石が頭に衝突したものとあきらめてください。





上記以外の根掛の原因として、利根川に相当の密度でカワヒバリガイが棲息しているようです。
思いの外、この貝にフックが刺さっていることがあります。
カワヒバリガイにフックが突き刺さっていると、一見根掛に感じますが、意外に力技で簡単にカイごと回収できます。
カワヒバリガイは海のムラサキイガイ程は、強力に岩や流木等に固着していないようです。
Tone_Nov_fynal02.jpg



以上を踏まえてのgame result


2011_inzaiNOV03.jpg

1.0kg   mulletのsilvercarp換算係数は約2倍でしょうか?



2011_inzaiNOV04.jpg

4.1kg   1.3kg位のmulletかと思うとこれでした。
フッキング位置がかなり前なので楽でしたね。



2011_inzaiNOV05.jpg

3.5kg   20分放置後捕獲






2011_inzaiNOV06.jpg
rodcaseの使い方 
裾止めバンド3本が必要です。


以上全て個人の感想もしくは見解であり、第三者機関の査察検証を受けた内容ではありません。




2011/11/10 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit