06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Fishing : 利根川/小貝川 取手豊田堰 東方見聞録 

取手は、車のカーストが高い茨城であるにもかかわらずバスの利便性が高いです。
さすが広義の千代田線沿線地域ですね。
 
これが、噂に聞く芳一バスです。西方浄土へのお迎えです。
2011_toride04.jpg 
ご兄弟もいらっしゃるようです。
2011_toride03.jpg
社内にも有難い取手の胎内経が書かれては、いないようです。

浄土に逝くはまだ早いので、今しばらく穢土での悦楽を享受したいので別のバスに乗ります。

今回は豊田堰。バス停留所は戸田井。20分に1本はあり茨城であることを差し引くと利便性は高いです。
大利根交通の路線図をみると、戸田井まで10箇所を越えるバス停があり、もしかしたら想像される距離に畏怖を感じるかもしれません。

しかしそれは杞憂。なにも恐れることはない。
なぜなら
殆ど乗降客はなく、概ねnonstopだからです。実に爽快な運行速度です。

東京藝大を越えると、風景は原生林です。束の間の不安が生じます。

じきに目的地の戸田井に到着しますが、どうも大利根交通の本社は、そこにある建物らしいですね。
大利根交通にHPが無いのが、なんとなく推察されます。


戸田井橋を渡り、利根町から豊田堰にアクセスします。
そういえば、戸田井橋と栄橋を爆破すると利根町を陸の孤島化し兵糧攻めも可能ですね。


いい風景です。

2011_toride05.jpg 



2011_toride06.jpg 



Pointはここです。
2011_toride09.jpg
 



夏場の溶存酸素量が乏しいときは大変アドバンテージがある場所でしょう。mulletもいます。

2011_toride10.jpg
 


裾止めバンドは汎用性が高いです。
2011_toride14.jpg




 

相変わらず馴染みの彼ら。
2011_toride11.jpg

2011_toride19.jpg 
Loup de merのPointであるとの趣旨で行きましたが、時間が早かったようです。
堰があるので、バカなSilver Carpが遡上しようと滞留してるかも想定したらその通りでした。



取手側です。
2011_toride18.jpg 



釣ったのでも網で採捕した訳でもありません。手掴みです。
もちろん私がゴイサギのはずもありません。
2011_toride22.jpg 



水深が浅いです。流芯まで立ちこみが可能です。

2011_toride17.jpg
 




今回のmissionで最も興味深いイベント。

地元の川漁師さんの投網が重すぎて引き揚げられないのでお手伝いしました。

2011_toride15.jpg 
大漁です。30cm以上のフナが大量に掛かってます。他にはモツゴ?とごく少量のニゴイです。
投網を投擲する度にこのような漁果らしいです。

意外ですね。
全くChannel catfishが採捕されてません。

自分のイメージでは利根川は、そこら辺中にCCFがウジャウジャかと思ってたのですが
スポンサーサイト



2011/07/22 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

PFishing: 取手 県南!! カスパー・ハウザーの謎 

その発端は、ほんの些細な耳目に馴染みの薄い単語でした。

これです。
2011_kennan01.jpg 
GUINESSのblackboard立て看板は、個人的には店を判断するメルクマークの一つです。
概ねこのボードがある店は、大きなハズレがありません。

何度もこの看板は見ており、そのまま躊躇なくドアを開けて店内に突入しますが、たまたまこの看板に眼が行った瞬間非常に違和感を惹起させる単語が飛込んできました。

それは県南
東葛地区から常磐線各駅停車で北上してるので気分的に県南はおかしい、もしくは日常会話で県南という単語自体使用しないこの点が違和感の発端かな。

複数の茨城県人にこの件について意見交換すると、この違和感は常磐線各駅停車および千代田線利用者独特の思い込みもしくは無意識下の刷り込みに依存するものと推定されました。

常磐線各駅停車および千代田線利用者にとりWestendの代々木上原、唐木田、霞ヶ関およびEastendの我孫子、柏、取手は構内のアナウンスで、たとえ酩酊状態で乗車しても間違いなく帰宅に繋がる心休まる馴染みの駅名に聞こえてしまいます。
(唐木田に、行ったことはありません)

つまり地元沿線の馴染みの地名に錯覚します。
端的に述べると、取手は千代田線の延長の千葉県内と錯覚もしくは重篤度の高い刷り込みがされている訳です。
事実明治時代には短期間ではありますが、行政区分が千葉だった時代もあるようです。
まあ乃木坂とか日比谷で千代田線に乗り茨城県まで延伸してるとは意識しないですから。

実際取手まで行くと、利根川の千葉と茨城の国境を越境してしまいますね。
取手までは行きやすいですが、それ以上の奥地にはJRダイヤからも非常に行き難いのも事実だと思います。

駅前の風景も、目立つ高層建築もなく南流山みたいな風景です。

しかし最近、取手はやはり間違いなく茨城であることを痛切に実感しました。

大師通りを利根川に向かうと押しボタン式信号機があります。
ボタンを押した後に、都内東葛地区ではありえない事象を合間見える事ができます。
(やってみてください)

歩行者より自動車様の方がカーストが上の様です。
取手が、茨城であることを思い知らされるでしょう。



ところで県南で検索するとこれが見つかりました。

けんなん!
2011_kennan06.jpg 

実に面白いですね。
将来民族派取手市民兵が、守谷市議会場を武装占拠しかねない勢いです?
(良識ある取手市民はそんなことしないと希望します)

2011/07/10 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit