03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Fishing: チカでも釣れる ネコに鈴 

今回はチカを1匹をまるまるフックにかけて捕獲。

チカは、北海道では、なじみの魚で、キュウリウオ科の魚でワカサギの近縁種です。
大型のワカサギ程度で15-20cm程度。
これを冷蔵庫で2-3日放置しておきます。 一種の干物処理です。

フックは1/0#。


Tone_river_Obori_061.jpg  


これを丸呑みにしたのが、こちら。
Tone_river_Obori_062.jpg 

62cm程度、70cmには達してません。

このサイズを狙うと、RODにロープ付けた方がいいです。
パワフルというよりtorquefullな魚なので、今回も利根川にRodsetを寄付しそうになりました。
あと鈴も必需品です。でも今回あまり鈴はならなかったな。


Location 取手緊急船着場
スポンサーサイト



2010/04/30 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: サンマ 実用性あり 

餌の比較やってみました。
予備試験程度です、もちろん信頼性保証部門の査察はありません。
それ以前に、色々問題が最適化されておりません。


アマエビ
そのまま1匹フックに付けてみました。
イメージとしては、大型個体が丸呑みするかと思いましたが、意外に喰い付きが悪い。
50m前後キャストするので餌のつけ方は、こう少し検討する必要があるね。
数回キャストすると外骨格がはずれそれから、釣れる事から悪い餌ではないんでしょうね。



サンマ
1cm程度の輪切りにしてフックにつけました。
骨が目立ちますが、餌として実用性あります。
なるべくフックに餌全体が載るように付けたい所です。
垂らしの部分が長いと、何かが齧っているようです。
あとから考えると内蔵は、別にしてbaitcageに入れたほうがよかったと思いました。


ブリの切り身
皮がつくように小切りにして使用。
no result どうも反応がありません。
ネコの評価は高いようです。


鶏皮
5cm程度に切って使用。
ダメでした。 齧っている様子もなし。



比較対照区 鶏ハツ+レバー
普通に釣れました。


水温も12℃台で、比較実験には最適条件ではないので水温が上昇すれば何でもつれるかもしれません。
コストが安いせいか、餌として大きく付けがちですが、小さくしてつけた宜しいかもしれませんね。



2010/04/25 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: Channel Catfishing、殆ど雑誌から黙殺 

fishing関係雑誌は、結構な種類あります。
Channel Catfishingは、殆ど全ての雑誌から黙殺されてます。


ルアーやワームを使う訳でもないし専用の高価な釣具も必要ないし、釣関係業界の売上げに殆ど貢献してませんから。
雑誌「釣り人」に霞ヶ浦のpoint説明の一部で言及してた程度かな。

当然餌も釣具屋で買いません。 バックパックなど道具も他の自転車用を流用してます。


スーパーで購入できるエサ
昨年9月からのreviewです。低水温期を跨いでますので、評価は継続中です。
見ての通り、釣餌屋さんの売上げには殆ど貢献してません。
全体的に、安く量的に充分なので、つけ方が大雑把になるのは注意した方がよいかもしれません。

Itemstatus
appraisal
CommentsCost
鶏レバーA喰わせ餌としては、餌持ちが良くない。誘引剤として使用。
実用性あり。
¥300/pack
約4釣行分
鶏ハツA喰わせ餌として、餌持ちが良い。鶏ハツとレバーは一緒のパッケージに入ってるのでこれが宜しいと思います。
特に、心室ではなく心房上部の冠状動脈や大動脈の辺りが宜しいようです。
実用性あり。
鶏皮Open無反応です。実用性継続検討。¥200/pack
鶏砂嚢GoodGood 喰わせ餌として、餌持ちが良い。ルアー並にキャストしても問題なし。 但し11月以降水温が低下すると、若干柔らかい鶏ハツの方が良いみたい。
実用性あり。
¥200/pack
4個
約8釣行分
Seafood mixのエビCテナガエビ、ヌマチチブにはGoodでしたが、Catfishには小さすぎてNG
冷凍ムキエビB‘ある程度大きさが必要
無頭パナメイエビOpen人間からは美味しそうですが、あまり反応がありません。
実用性継続検討。
>¥15/匹
有頭エビOpen今年の御題です
豚レバーNG鶏はGoodなのに何故か豚はダメ。時間と機会を無駄にした。
実用性なし。
甘エビB餌のつけ方が悪かったのか餌持ちが悪い。
実用性継続検討。
イカOpenゲソは食べるようです。あまり長すぎるのは疑問?>¥150/匹
サンマOpen今年の御題です>¥100/匹
キビナゴopen食べるようですが、餌のつけ方は要検討。
実用性継続検討。
¥200/pack
キハダマグロのアラopen低水温の日であり釣れませんでした。結構腱の部分が硬いのは刺身しか知らないと意外な発見。何故か醤油があったのでその場で食べました。1pack 300g以上はありました。¥200/pack



スーパーで購入できるエサを扱うスーパーの評価


pointへの途中で立寄れるスーパーです。餌は意外に忘れがち。
鶏ハツ+鶏レバー+砂嚢が買えればB。魚のアラがあればA`。
あとはイマジネーションの問題。


vendorstatus
appraisal
Comments
東急ストア
取手駅西口
A‘鮮魚部、鶏肉も品揃え充分。
東急ストア
布佐駅前
C鮮魚部だめ、鶏肉も品揃え不十分。
ライフ木下駅前B鮮魚部、鶏肉も品揃え充分。 自体は、廃墟に近づきつつあります。
スーパータイヨー佐原A鮮魚部は、漁港の直売所並の品揃え。海に近いせいか魚介類の食文化が内陸と違う気がします。
Coop土浦B鮮魚部、鶏肉も品揃え充分。
マルエツ(参考)B鮮魚部、鶏肉も品揃え最低限に充分。アラなどはあまり取扱いが無い。


2010/04/20 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川: 水文水質データベースは、どうなる? 

40年来の低温です。
2σ位平均値より乖離してるので、統計学的有意差があるんでしょうね。

水温が9℃台です(布佐テレメータ)。

そういえば、国土交通省の水文水質データベースのテレメータが続々と測定停止してます。
江戸川は、ついに水温測定ポイントがなくなりましたね。
利根川本流でさえ、布佐と佐原のみ。

事業仕分けの副作用でしょうか?  去年アメダスの観測ポイント廃止云々のニュースがありましたがこれもそうだったんでしょうか?




では本題に戻ります。水温9℃、雨上がりつれるでしょうか?

今日の御題は、スーパーで買ったキビナゴ約200円。
Tone_river_Obori_060.jpg 
上手く付けにくいです。定番の方法はあるんでしょうね。



丸呑みにしてます。
Tone_river_Obori_059.jpg 
寒いので、早々に撤退。
この餌は、評価はまだopen。
2010/04/18 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川: 利根川右岸のPOINTはどこか? the result 

pointの雰囲気はこんな感じ。生息密度は、相当高いです。
我孫子市布佐です。 ⇒MAP

通常地図の地形と航空写真は、かなり違いますね。
Tone_river_ABK_01.jpg Tone_river_ABK_02.jpg


1.5時間で、5匹。少々忙しかったですね。今回は木下駅近くのスーパーで買ったイカ¥160。使い切れない量。
Tone_river_ABK_03.jpg 

Tone_river_ABK_04.jpg

今回、小型個体も釣れました。
Tone_river_ABK_05.jpg Tone_river_ABK_06.jpg Tone_river_ABK_07.jpg

三叉サルカンが曲がりました。強度13kgらしいが、60cmクラス釣ると曲がるみたい。
今後は改良型attachmentにしよう。
Tone_river_ABK_08.jpg 

南風が卓越してるときは、good point。
2010/04/17 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川: 利根川右岸のPOINTはどこか? introduction 

利根川右岸と左岸、どちらがCatfishが釣れるでしょうか?

左岸は、取手小堀の渡しでしか釣をしてません。

右岸は、利根川ゆうゆう公園と佐原でしか釣ってません。

今振返ると、限定された地点でしか釣をしてませんね。

そこでMAPから、釣れそうなポイントを探してみました。

アクアリストの経験があれば、ナマズ科の魚は普段の行動からして明るい照明直下の場所は好きではありません。
流木下とか土管状のものがあればその中に入り安心してますよね。

つまり南からの太陽光を遮るものが無い左岸より、南からの光を遮るものがある右岸であるに違いない。
そう考えると南北に流れる江戸川にcatfishが少ないのも妙に納得できる。

更には、逆転流がありそうなところ、南側川岸がある程度に日陰になるような場所、川岸に近いが深さがあるだろうと思われる場所。

これらの仮説に基づき選定した場所。

つまりここ。行くのは全く初めてです。

結果は、excellentでした。

 

 

2010/04/14 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川: 浮遊機雷作戦 2/2 

日曜日も、利根川の小堀に行ってみました。

改めて、ここをReviewしてみます。

航空写真でこう見えます。通常の地図とは地形が少々違います。
map_obori.jpg 
台形状に凹んだ部分は逆転流が起きてます。利根川右岸での釣と比較すると分かりますが、流速はかなり緩やか。
ここ非常に根掛が少ないです。
何故か分かりませんが、江戸川と比較すると顕著です。
最近は仕掛け自体は、殆ど無くさないですね。

現場の状況は、以下の様であります。  rod stand 標準装備です。
Tone_river_Obori_052.jpg
赤い係留フックの近辺は船舶の接岸のため水深は多少深いようです

 
 

Alpha tackle EURO SPORT CARP HEADS 360MH 
Tone_river_Obori_055.jpg 
長さはよいですが重いです。 巨大なアオウオ以外は何でも釣れそうです。
60cmのcatfishでも、玉網要らずで上がります。何をターゲットにこのRodは設計されたのか?  でも信頼してる best partner。

Alpha tackle Hugwar 82M 5P
Tone_river_Obori_053.jpg 
50cm級が来ると、少々不安。えらく硬いrod。手持ちでは、結構敏感なrod




Alpha tackle Hi-tide 106MLT “Rough Shore”
Tone_river_Obori_054.jpg 
これは宜しいです。3ピースのtelescopic rod。  60cmでも引き上げます。でも感度宜しいです。
The best rod for Catfishing。 closed lengthが117cmあるのは問題。



Alpha tackle TRGR A806ML-F
Tone_river_Obori_056.jpg
結構使えます。Utility player。これも手持ちでアタリを楽しむRODではない。
(後日、何者かにより、利根川に拉致されました)

 

Alpha tackle のrodが多いですが、実に偶然です。ダイワ Primegate 5105TLFS以外はすべてAlpha tackle。 
50g程度のルアーを40m以上キャスト可能なロッドが便利ですが、仕舞い寸法の小さいものには選択肢が少ないです。

 

THE GAME

Tone_river_Obori_057.jpg
60cm超級は少ないね。


Tone_river_Obori_058.jpg
釣り上げると、鳴きますね。
イルカの鳴声と似た歯軋りするような音。まさか仲間でCOMMUNICATIONしてる?

2010/04/08 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川: 浮遊機雷作戦 1/3 

土曜日、利根川小掘りの渡しに行きました。
釣の環境要件は、signal green。

今回の目的は、
1. 浮遊機雷釣法の確認、従来法と比較
2. キャスティング距離の確認
3. 新しいRODの確認 比較

15:00 現地到着
17:30まで、全く釣れず。 ここは昼来てもしょうがない。いや前回はdaytimeでもつれたはず。
          キャスト距離確認
17:30~18:30 1時間で4匹。 全て40cm近傍のサイズ。やはり群で行動して可能性が高いね。しかも不思議なほど同サイズの群で。昼に釣れない印象があるけど、むしろ群の回遊に遭遇するか否かの可能性があるかも。
性成熟サイズ(4歳、36cm以上)に達してるので、2006-7年生まれでしょう。
従来法(Baitcage)で2匹、浮遊機雷法で2匹。


                        
1. 浮遊機雷釣法の確認、従来法と比較

この映像をみると channel catfish は、flatheadみたいに水底でマグロ状態で寝転がってません。
水底近くを着底せずに泳いでますね。尻鰭の形状も回遊魚みたいに遊泳向きだし。

つまり水底から50-60cm付近に餌をサスペンドすれば、Catfishの目の前に餌を晒すことが可能かもと考えられます。
channel catfish が果たして、眼で餌を確認するか?の疑問がありますが、日本のナマズは視力が弱いと言われてますがchanel catfish は、写真からも分かりますがそれなりの眼球サイズであり、視力は悪いとはいえないかもしれません。


道具立ては、道糸+錘4号+60cmのライン+(三叉サルカン+ 20cmハリス付針)+20cmライン+浮力材。

これで水底から60cm位をトレースします。ウキ釣で棚をとる方法のリバースパターンです。floating mine法とでも呼びましょうか。

floatmine_1.jpg floatmine_2.jpg 
Photoの通り、錘が水底に着きます。三叉サルカンは、中間部が360度回転する方が絡まなくて宜しいです。ハリスも短めで。針はjigheadみたいに質量が大きい方がよいかも。当然、魚のアタリを楽しむ釣にはなりません。
私は5分とRodを持ってられない人間なので、実は魚のアタリ自体は殆ど経験してません。いつもリールのラチェット音もしくはRodが湾曲するのを目視してretrieveしてますので。今回は、小学生に教えてもらいました。



The games

Tone_river_Obori_048.jpg 
floating mine法で、最初の1匹。Alpha tackle Hugwar 82M 5Pで、釣れたのも最初かあ。一応Rodは湾曲します。堅くて少々不安なRod。エギング用らしい、まあ海行かないだろうな。

Tone_river_Obori_049.jpg 
従来法w/o Baitcageでも釣れます。Alpha tackle Hi-tide 106MLT “Rough Shore” のFirst missionです。このロッドcloseしても117cmあるが、重量、曲がり具合はFeeling good。

Tone_river_Obori_050.jpg 
従来法 Baitcageでも釣れます。
Alpha tackle EURO SPORT CARP HEADS 360MH-T106MLT は、main weaponですが?このロッドclose 81cm、重量、曲がり具合はFeeling no good。

丈夫過ぎます。このサイズでは、あまり湾曲しません。小学生が釣れてると教えてくれました。
よく調べるとこのrod Cast可能な錘が、35号らしいです。




Tone_river_Obori_051.jpg 
floating mine法で、2匹。

2010/04/04 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit