12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Curry house Sai kirpa への道 

Curry house Sai kirpaは、適当に安くてそれなりのIndian restrantです。

但し場所が、JR新松戸駅東側で若干微妙な立地です。
そちらの常磐線東側に移動するためには、あのジャンケントンネルを通過することになります。あの道は、生理的にも嫌ですね。通過するのに生命の危機を感じます。

そのような事情でSai kirpaには、疎遠になってました。ところが最近、よいShort Cutを見つけました。
新松戸駅のプラットホームを潜るUnderpathがあったんですね。全く気がつきませんでした。

bar004.jpg 

東側出口です。一見スロープがあり安全に見えますが、結構潜在的に危険がありそうな場所ですね。
後付だろうカーブミラー、スロープの化粧タイルの削れ具合。何台も下り自転車に突っ込まれてるでしょうね。ベビーカー押してる人気を付けてね。
自己責任において、注意しましょう。事故があれば交番が直近くなのはメリットです。

bar005.jpg

そのように艱難辛苦を乗り越えて、Sai Kirpa に到着します。

ナンは無しでとオーダーするとライスがこの程度付きます。やはりナンが無いと絵になりません。

bar006.jpg
味は平均的なIndian restrantです。
店内のインテリアは、良くない。折角来たのだからインド料理屋らしい雰囲気が欲しい。繰り返しますがカレーとしては真っ当です。

スポンサーサイト



2010/01/21 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Bar Dolce 新松戸ローヌ川右岸 

松戸市の常磐線西側から、手賀沼方面は適当なルートがありませんね。
ルート開拓のため、小金新松戸界隈を探索中に見つけたバーです。

立地外観とも小奇麗なAuthenticなBarです。都内には良く見られるこの手のバーですが松戸には少ないですね。
客層も、若干高めで落ち着いた雰囲気です。

でも、洋酒を嗜む人口は絶対的に少ないんでしょう。松戸は都内へ通勤されている方が多いはずで、適度に洋酒の飲み方を持ち合わせてるかというと、そうでもないんですね。

以前松戸市内で、強めのカクテルをオーダーしたいと言ってた客がベースをワインでと言ってた客見たことある。結局どのようなカクテルになったか知らないが、脳内で心底笑わされましたね。自転車屋で見たToptubeを前から跨いでクロスバイクに乗ろうと固執してた女性と、双璧なくらい脳内で笑わせてもらいました。
バーではそんな楽しみ方の可能です。

バーの店内ですが、BGMはOperaかClassicです。Operaが、流れてる方が多いでしょうね。Operaの無駄に冗長で、歌詞も殆どcatchできなく環境音楽みたいに聞こえるのがいいです。bar003.jpg

 

Gusano Rojoです。知っている人は知ってます。生涯で、まだ3匹しか食べてないです。
特段味はしません。先史時代では昆虫食は、当たり前だったんでしょう。
ちなみに米国FDAに、食品中の昆虫残留量のToleranceが設定されてます。

 bar002.jpg

2010/01/18 Mon. 22:22 | trackback: 0 | comment: 0edit

Honana REPUBLIC 松戸 

千葉県松戸市栄町にある個性的なお好み焼き屋です。

出汁に付けて食べるたこ焼き、つまり明石焼を検索中に見つけました。

店側が,焼き上げて客に提供するので、一般的なお好み焼き屋とスタイルが違います
従って、もんじゃ焼きはメニュにありません。個人的には、このスタイルが好ましいけどね。

メニュは、標準的な関東圏のお好み焼きとは少々違いがあります。
ぼっかけ、アブラカス、細ネギあたりが東日本では馴染みが少ない食材が使われてます。
とくにアブラカスは東日本の常識的な理解とは、かなり異なる食材です。

神戸の食文化をくだけた感じにモデファイしたメニュでしょうか。

個人的お気に入りはこれ。 名称はわすれました。
バルク状の明石焼analogueとでも形容しましょうか。お椀のアブラカス入りのお出汁でいただきました。
現在は、出し汁と一緒に one plateで出してるようですが、PhotoのスタイルでもOK。
bar001.jpg

旨いかどうかは、個人の特性に依存する話なので言及しません。松戸界隈では、少々特異な存在かな。
お出かけの上、自己責任でお確かめ下さい。

オーナーは神戸出身の方です。15年前の今日の出来事がなければ、ここに店を出すことはなかったらしいです。

場所は松戸市栄町ベルクスの近くですが分かりにくいです。
しかし、このオート三輪を見つければ、道を挟んで対角線方向を振返ると見つかります。
多分、この先ナンバー付のオート三輪を見ることは無いでしょう。
オーナーは動態保存には、古い車でもあり苦労されてると思います。
個人的に平成になって初めてオート三輪見ました。でも意外にこの車の存在を知る人多いです。
素敵なダイハツミゼットです。

trike.jpg

 

2010/01/17 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

折り畳み自転車での輪行の実際: KHS M1216の場合 

KHS M1216は、サイクリングではなく釣でのポイントの移動手段として導入しました。
ロッド、リールと同じ釣道具の一つです。つまり部品構成を弄る予定はなし。

利根川CRを、ポイントを探索しながら、じっくり眺めながら走るので、そうそう速度も必要無いとのイメージだったのです。

例えば土浦駅まで輪行後に、桜川から境川、土浦新港を廻るなど10km程度の徒歩不可能な範囲を探索するイメージでした。
実際、土浦で輪行した際は、そうだったんです。

しかし今振返ってみるとこの選択は、失敗でした。

 

Manhattan M1216シリーズで買うべき製品は、Defaultだと

Manhattan M1216C(ギア比: 4.89~1.70) >> M1216(ギア比: 3.64~1.25)

Manhattan M1216 (以下Type normal)のギア比は、速度は要求しない前提で重々承知して購入したが、安食辺りの利根川CRで輪行を始めると問題の深刻さが分かります。利根川CRは非常に見通しがよく、行って見たいポイントが見えるのはいいが、距離的には2-3kmはあります。
必要な移動距離が想像以上でした。坂の少ない関東平野でギア比1.25は、使いようが無いでしょう。

Type normalのギア比3.64は、ケイデンスが直に飽和します。
またロー側の1.25も問題。行動範囲内に坂は、CRの堤防位しかない。
M1216の乗車姿勢から、登り坂には不向き。Type Cとは駆動系に差をつけ過ぎ。

クランクをreplaceすれば、それなりのギア比改善可能だけど、CSがワイドすぎる点はまた別個の問題だしね。

Type CとType normalでは、実勢価格が3万円近く違うが、躊躇無くType Cを、お買い上げください。

2010/01/07 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

折り畳み自転車での輪行の実際 

昨年、折り畳み車KHS M1216を導入して初めて輪行してみました。
色々輪行に問題点も、見出しました。折り畳み自転車の輪行を目論んでいる方の参考になればと考えております。

最大の問題: 駅構内の移動は、苦痛

これが問題で、一番キツイ。想定しうる最悪のケースは、東京駅で京葉線への乗り換え。10分近く10kgを越える自転車を肩に担いで歩く。出来ますかね? こんなキツイ作業普段やらないでしょう。

試しにスーパーで10kgの米袋持ち上げてみましょう。
充分そのキツサを手軽に実感できます。まして安物折り畳み車(15kg以上、多分下の方に現れるGoogle adsenseに出てくるクズ自転車)の方、ご苦労様です。京葉線乗換えは、極例としても、改札口に至るまでの階段が、確実に体力を消耗させます。

最近はバリアフリーの流れからJRでは地上から改札階およびプラットホーム間の移動にはエレベータが設置されてる駅が多くなりこの点かなり楽になりました。しか東京メトロ等地下鉄では、地上までエレベータ設置してる駅は少ないです。
JRでも成田線新木駅など、ハズレが田舎に行けば結構あります。



駅構内移動の苦痛軽減対策

まずは情報戦です。ここからJR駅のエレベータの有無が分かります。
輪行袋を持つと、殆ど車椅子利用者並みのハンディを公共交通機関でおうようなものです。他にも、ここが役に立ちます。 なるべく構内移動の多い駅を避ける消極的対策です。


Solutionは、キャスター付もしくは転がしながら移動できる折り畳み車、もしくは8kg未満の車両を選択するなど、お金で解決する方法もあります。
コストをかけないなら、10kg以上の車体重量に対応する体力を鍛えるsolutionもあります。

この駅構内の移動方法は、一番のCritical issueです。
自分に最適なsolutionを各々自己責任で考えましょう。

この点を、うまく回避できるなら車両が多少重くても良いでけどね。

自分の場合は、輪行の行動範囲で階段の問題は幸いありません。
駅構内の移動距離も短いです。KHS M1216は、輪行袋で前輪のみ露出させて転がすこともできるようなのでこの辺りは多少楽。実際はその状態でスムーズとは言いかねるんですがね(やり方が悪いのか、いずれKHSに問合わせてみたい)。

 

 

2010/01/03 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit