08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Catfishing: 行政および研究機関のchannel catfish情報 

釣が趣味の方のHP、ブログにも、catfish釣の情報がありますが、行政および研究機関のchannel catfishの調査報告も重要な情報であります。
Tone_river_Obori_07.jpg 

客観的な調査報告ですし、税金を使った情報ですので、読む価値はあるでしょう?

利根川下流域におけるchannel catfishの漁獲実態

千葉県農林水産部。
千葉件の内水面漁業組合へのアンケート。やはり佐原は多い。
松戸では1975年に既に、確認されているのに釣れる印象が少ないのは、やはり利根川水系より何かの条件が悪いんでしょ。

 

利根川下流域におけるchannel catfishの生態

千葉県水産総合研究センター内水面水産研究所。

これもぜひ一読を。
ポイントは、この点。 どの当りのサイズと重量がモードなのかは、本報告書のグラフを見てくださいね。
引用: 2526尾のchannel catfishを採集し、平均全長は利根川本流では315mm (95 ~ 646mm) 、利根川支流では289mm ( 46 ~ 609 mm ) 、平均体重は利根川本流では337g (6~ 2460g )、利根川支流では349g (0.6~ 3311g)。

 

 

霞ヶ浦で大繁殖している特定外来生物‘channel catfish’が底生動物群集の現存量に及ぼす影響に関する研究

茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター。
生息実態や食性など、ご立派な内容。ポイントガイドとしても読めます。

 

霞ケ浦におけるchannel catfishの稚魚と未成魚の食性

茨城内水試。
channel catfishにとっての霞ケ浦とは・・・天国らしいです

 

 

スポンサーサイト



2009/09/29 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 江戸川: 流山でのテナガエビポイント revised  

少し内容をリバイスしました。
このポイントのreviewです。
流山松戸住民には、アクセスが楽。

テトラポットが設置してある300m位の範囲。
上流側は、江戸川に直接コンクリート護岸が接し、下流側は柳の木が岸際まで迫ってるところ。

channe catfishは、まだここでは釣れていません。

場所は、上流ここで、200m程下流ここ
釣れるのは、流れが緩慢な下流側。


上流側

以前確認した気になる江戸川のポイントでテナガエビ、ハゼ類?が、釣れました。 

行く前に、国土交通省のサイトで水位を確認した方が良いです。
2.2m以下だと水平な護岸コンクリートが露出しアクセスし易くなります。

場所は、平井堅「いつか離れる日が来ても」PV撮影場所
水没した盗難スクターと盗難自転車周辺がポイントでした。
どちらかというと盗難スクターの方が、良かったです。
フォルムからして、根掛しそうにないしブラインドになる場所も自転車より多い。


冷凍ムキエビを小さく小さく着けます。あの小さいムキエビ1匹から10回以上餌交換するくらい。

他のanglerによると、赤虫、ミミズ及びサシが良いエサらしいけど、遠い釣具屋にわざわざ行くの面倒。
その方いわく、赤虫は買いに行く価値があるそうです。確かに熱帯魚飼ってた頃に赤虫は魚の嗜好にあってたし、なおかつビーシュリンプも赤虫は胸に抱え込んで食べてました。彼は冷凍ムキエビ? Que est que ce? てな反応でしたな。 スーパーで買えるエサで充分です。

持ち帰る気も数釣る気もないので、全て撮影後、川にお引取り願いました。

初めてのテナガエビです。全長10cm程度でしょうか。
Edo_Rl018.jpg  

最初の一匹だったので、もう一枚撮影。釣針が取れなかったのでそのままリリース。
海から28kmもあるのに、この小さなエビが遡上する能力があるんですね。 
Edo_Rl019.jpg 

ヌマチチブでした。ウキゴリでしょうか? 伊藤遊船のボートで釣ったハゼとは違う気がする。 ご存知の方、教えてください。お願いします。
Edo_Rl020.jpg 

 

一番重かったテナガエビ。全長15cm位。
Edo_Rl021.jpg 

 

盗難スクター近辺にお住まいでした。妙に色黒です。
Edo_Rl022.jpg 

 

この方も、盗難スクター近辺にお住まいでした。
Edo_Rl023.jpg 

 

こちらは、盗難自転車近辺にお住まいでした。全てオスでした。
雌は居るんでしょうか?
Edo_Rl024.jpg 

テナガエビ3匹、ハゼ類2匹でした。
途中えさの交換が面倒なので放置してました。継続すればもっと釣れたかもしれません、どうでもいいです。また別のところ行きます。

Tackle: 釣針 伊藤遊船で買ったハゼ用2号とテナガエビ用2号

 


 (追記) 
同じ場所でのテナガエビです。Virginiaのパッケージは103mmなので15cm程度でしょうか。
アグレッシブな性格なんでしょうか、鋏で人間の手を挟みますね、意外なほどの力で。
テナガエビの実生活では、この鋏は相当威力ある武器でしょうね。


テナガエビって何かのイメージがあるんですが、挟まれて分かりました。これ
Edo_Rl030.jpg 

始めてじっくり見ると、腕が青いんですね。
Edo_Rl029.jpg 

どうも全体が飴色の個体と、青黒色が強い個体が居るようですが個体変異の範囲でしょうか?


下流
 good point for fishing

200m程下流の柳の木下辺りです。 7月下旬です。

Edo_Rl036.jpg 

Edo_Rl037.jpg
多分最大長のテナガエビでした。腕が少し青い色調を帯びてます。
Edo_Rl038.jpg

Edo_Rl039.jpg

Edo_Rl040.jpg
唯一の釣り上げた雌。


Edo_Rl041.jpg

Edo_Rl042.jpg
これも大きかったです。残念ながら左腕欠損。

Edo_Rl043.jpg 

最終的には8月初旬が最後になりました。
盛期は6月前から8月初旬でしょうか。

2009/09/08 Tue. 21:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 利根川サイクリングロード+ Catfish+ 香取市佐原 

千葉県香取市。

片道70km超なので、現地でレンタルサイクルを利用しました(¥300/day 9:00-16:30)。
ママチャリ乗るのは、初めて。
サドルの位置を調整すれば、どうにか乗れますが普段の肘の位置にハンドルがあるのは奇異な感じ。ブレーキ甘いね。
佐原地区を軽く流して、スーパータイヨーでチキンレバーとボイルドアマエビを購入後、利根川サイクリングロードへ(生鮮食品がマルエツより安く充実)。

 Tone_river_Sawara03.jpg
実際にfishingにはここ、香取駅からの方が近いです。

Tone_river_Sawara02.jpg 
ワンドの底には、ハゼ類がいましたが、釣れず。 地元のアングラーはバスがターゲットでしょうか。
流木の上にトビハゼがいました。
(水面を走る生物がいたので、TV等の印象からトビハゼかと思いましたが、生息域の北限の江戸川放水路より北ですし、泥干潟も無いし、一体なんだったのか不明です。)

 

そしてターゲットであるChannel catfish 30cm。
PRIMEGATE 5105TLFSで捕獲。この位のサイズが釣れると楽しい。
Tone_river_Sawara01.jpg 

 

TRGR A806MLで釣れちゃいました。15cm。ロッドが逆なら良かったんですが。
Tone_river_Sawara04.jpg

釣針は流線ケン付6号。チキンレバーは、餌持がよいのでケン付でなくても良いでしょう。

行って気付いたんだけど香取って利根川右岸にもあるんだね、ここもチバラキな訳か。

やたら鰻屋が多い気がしました。いい町です、お勧めです。

 

2009/09/01 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit