03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Fishing: 江戸川: American channel catfish 

江戸川のさるポイントで捕獲。餌は冷凍ムキエビです。投入後15分程度でヒット。
大きさは測ってませんが、護岸ブロックの大きさは約45X30cm(外形)なので全長40cm程度でしょう。
サロマ湖のクロガシラ以来の大物でした。

Catfish_003.jpg 


昨年、胸鰭の棘で深手を負ったので、ハリスを切ってリリース。

Catfish_004.jpg 

 

根掛が多い場所なので、またかと思ったら、意外な手ごたえ。今年最初のゲームでした。
ターゲットは当面これで結構です。コイも吊り上げてみたい。

Catfish_002.jpg 

クリントン元大統領が、好きだったナマズ料理ってもてかね?

スポンサーサイト



2009/04/27 Mon. 19:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 流山のクリーク 2 

江戸川サイクリングロードを、ご利用の皆さんには分かりやすい場所です。
急な雨での避難場所、夏場での数少ない日陰になる場所です。

そこのクリークを、覗いてみました。

Shinkawa_022.jpg

 自転車を停めてある直下の川です。
単なる水しぶきではありません。多数のコイが集まりこの排水溝の蓋を通過しようジャンプいております。
殆ど千歳川のサケの遡上の様であります。

Shinkawa_021.jpg 

牧草用のサイレージフォークがあれば、1回で、でかいコイ2、3匹串刺しに出来そうです。

Shinkawa_025.jpg 

 大きなコイ以外に、10cm位の小魚もジャンプしてます。

Shinkawa_027.jpg 

ここに繋がってます。コイどもは、どこに行きたいのか?

Shinkawa_028.jpg 

コイが泳いでます。

Shinkawa_029.jpg    

小物を釣ってる方がいました。

Shinkawa_026.jpg

 

2009/04/15 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 流山のクリーク 1 

昔は釣竿ではなく、網で魚もしくはサンショウウオを捕まえてた身としては、大河川よりクリークが好き。
だって飼育できそうな小魚はそんなところに棲んでいるでしょう。意外におおきいのもいるしね。

流山北部の小河川。新川第2排水機場につながる小河川を遡上。

Shinkawa_002.jpg 

橋毎にanglerがいました。
Shinkawa_003.jpg Shinkawa_004.jpg Shinkawa_005.jpg Shinkawa_006.jpg Shinkawa_007.jpg Shinkawa_008.jpg Shinkawa_009.jpg

揚水ポンプがありクリークにはネットで区切られてます。

Shinkawa_010.jpg

Polypterus delhezi の体型に良く似た棒状のボディを持つ魚を発見。
ダッシュの効く特徴的な泳ぎ方でした。Snake Headでしょうね。
Shinkawa_011.jpg


Shinkawa_012.jpg 

ここが終点です。利根運河とは直接つながってはいないようです。
Shinkawa_013.jpg 

利根運河CR上からの眺望。
Shinkawa_014.jpg

2009/04/14 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

fishing: 坂川放水路と周辺クリーク 

坂川放水路が家からは、一番手近なんです。
ここではベテランの方もいまして、私みたいな新参者に色々有意義なレクチャーをしていただけます。

そこで、伺った話を確認しに坂川水系のクリークをサーベイしてみました。
以下は個人の感想であり、実際の釣果を保障するものではありません。

 

富士川

アカミミガメが泳いでます。ドブです。

Sakagawa_003.jpg 

フローターの堰の先の川は比較的きれいです。このサイズのクリークでも、でかいコイが泳いでます。モリで刺したい気分です。数年前のコイヘルペスウィルス騒ぎはどうしたんでしょうか。

Sakagawa_004.jpg 
Sakagawa_005.jpg 

坂川放水路との合流地点

ここもまあ、コイが泳いでますね、水深は浅いです。

Sakagawa_006.jpg 

少し上流です。

Sakagawa_007.jpg 

ベテランの方から聞いたコイの産卵場所です。葦の辺り。Sakagawa_008.jpg 

MTBだったら坂川放水路沿いをサイクリングできますね。700Cでは無理でしょう。
Sakagawa_009.jpg 

Sakagawa_010.jpg 

坂川は、人工河川だけあって、川底がフラットなのか根掛が少ないです。
江戸川は盗難スクーターと自転車がストラクチャーなので、よく根掛します。
ここはベテランの方からある理由で良いといわれたのですが、ちょっとなんですね。Sakagawa_011.jpg 

そして江戸川との合流地点。
Sakagawa_016.jpg 

マイナークリーク

馬橋のドブ並みの用水路なんですけど、小魚を釣ってる方が多いです。本当にどうしてそんなに思う微妙なポイントにも人がいます。殆ど入会権が発生してると思うくらい。Sakagawa_001.jpg 

Sakagawa_002.jpg

 

多分、最初に入会権を獲得されたグループです。饗宴中でしょうか。エヴァンゲリオン量産型のようにも見えます。

Sakagawa_015.jpg 


横六間川

ドブだと思うけど、だれかかれかが釣してます。ニシキゴイが泳いでました。 坂川と合流してます。Sakagawa_012.jpg 

Sakagawa_013.jpg Sakagawa_014.jpg

新坂川

この桜並木沿いの新坂川にも、コイが泳いでます。水も結構きれい。水底が見えます。
ただ、あまりにも団地に近接しているためか誰も釣してません。
この前、小学生がそういう衒いがないんだろうね、大き目のコイを捕獲していました。
うらやましい。

ShinSakagawa_001.jpg 

2009/04/13 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: tackle: small gimic 

依然として、釣れません。

釣に持つ、昔の良い思い出が、最近崩壊し始めてます。
別にルアーで釣らなくても良いし、餌釣りでもどうでもいいです。
最終的には、投網でもかまわないです、個人的には。
竹槍でもいいのです。

釣道具もあまりこだわりがありません。
釣竿とか、hook、リールはさすがに釣具屋にしか売ってないのは仕方ないとしても、他のsmall partsは、別に釣具屋で買わなくてもいいんでしょうね。 そんなに機能性とデザイン、価格のバランスが良くないですから。

最初気になったのはリールのスプールのストッパー。
まあラインを止めるだけの機能なんですが、どうも使い難い。ラインに変な癖もつくしね。
あるとき、釣具屋でベルクロテープをスプールに巻きつけてラインを止める小道具を発見しました。
しかし、この程度のものは輪ゴムで機能的には必要十分条件満たすんじゃないの?

そこでコンビニエンスストアで、ヘアゴム買ってきました。益若つばさ ヘアアクセサリーだとさ。
まあケバイ色だけど、ロッドのグリップにつけとけば見つけやすい無くならないし、満足。
f009.jpg 

釣りに行くのなら、ルアーと餌釣り用の2本持って行きたい。そこで数年来、何の役にも立たなかったこれが役に立ちました。全くTHOMSONは、何を意図してこんなものをSeatpostのおまけで付けていたのか、分かりませんが、漸く今これは天職を得ました。ダイワのロッド買ったときの付属ケースより相当優秀です。小物つり用の振り出し竿を含め3本収容可能。

f007.jpg 

 

リールのケースもねえ。シマノの付属品は薄くて軽すぎ。初日に風で飛ばされ紛失したよ。現在はこれです。f011.jpg  

ベネズエラのラムPamperoの袋です。日本では、ルイヴィトン・モエヘネシー・シャンドングループの取り扱いです。
LAPALUN、エルドラド、ブリガントよりは好きではないが、まあまあなラムです。
皮製ですし重量もあるので簡単に風に飛ばされず丈夫です。しかも3000番位のリールがしっかり入ります。よい第2の人生を歩んでます。



それで思い出した。14年前目白の田中屋でLAPALUNが¥10000で、売ってた。心底買っとけば良かったと後悔してる。

 

 Fishing用のMinivelo。
すごい安物だけどRixen Kaulで収納力強化済み。河川敷の未舗装路も平気な2.0X1.5タイヤ。変速機はTourneyですが、調整に注意してるので充分走る。ついでに釣竿台にも利用可能、これ重要な機能。自宅から利根川または行徳まで行くには充分。

velo007.jpg 

前後のカゴとバックを交換すると、必ず倒れます。

velo006.jpg 

2009/04/12 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: tackle: 善悪の彼岸 

最近意外にも、ダーツがダーツ以外の分野で役に立つことがありました。
釣りです。結構狙ったポイントにルアーがキャステングできます。ダーツを投げるように、投げたい方向に腕を伸ばすだけなんですがね。オーバーヘッドでもサイドでも意外にいけます。他にはダーツやってて、役に立つことは殆ど思い出せないね。

まがりなりにもルアーはキャストできるようになりましたけど、想定外にルアーはロストしてしまいますね、少々参りました。食玩並みの製品なのになんなのでしょう、あの値段。

ルアーは1個700から1500円位しますね、私の競輪の車券の1から2レース分です。ワームを使った方が経済的かな。ということで結構器材のロスが意外に大きいです。

今度はそのロストした器材を補充するために釣具屋にいこうとすると、いま釣具屋自体の数が減って結構離れた場所にしかないんです。20世紀中では少なくとも2km以内の4軒は釣具屋が在ったんですが今はありません(松戸駅前の上州屋、馬橋に個人商店2軒、新松戸ダイエーのスポーツ用品部内)。特に常磐線の西側に釣具屋がない。なんと上州屋三郷店が一番近い。

Googleで検索すると、松戸近傍に幾つも釣具屋は、在るように見えるんですが、実働してる店舗は実に少ない。インターネットが始まって15年以上たったいま、何年も更新されず放置された法人や個人HTMLソースデータがサーバー上に相当量堆積していて、それをGoogleが拾ってしまうんでしょうね、順位は低いけど。

まあ、時にHPでも今世紀になって更新のない個人や法人のHPの存在に時々出くわしますね。
ゾンビHPとでもいうのでしょうか。法人企業はとっくに清算されたか吸収されたかで消滅してるし、
個人のそれは、アレでしょうね多分、本人が既に死亡してるんでしょうね。大雑把に毎年110万人以上日本人は死んでますから、約1%の個人HPは毎年機能停止するわけさ。

 

今年は、まだ釣果ゼロです。

まあ始めて間もないので、早々には釣れてくれないでしょうね。 

2009/04/11 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: 江戸川: 魚は棲んでるはずだけど? 

一人でキャスティングしてると、地元ベテランの方が、度々話しかけてくれます。どの方も何十年と江戸川と通われており、ビギナーのはありがたいアドバイスを多数頂いてます。彼らによると最近では江戸川fishingブームは終了したらしいです。

だから新規参入者は、物珍しいでしょうね。pointも混んでないし、いい時期から始めたかもしれません。

江戸川で、多分に魚が居そうなスポットを撮影しました。
おいおい実際のmission結果も、補足追加します。

江戸川利根運河の合流地点です。 コイが泳いでるのが見えます。
Edo_Rl003.jpg

利根運河の合流地点の東側です。

Edo_Rl002.jpg 

野田流山はクリークが多いです。小学生の頃に釣よりも網持って捕獲するのが好きでした。
トゲウオとかサンショウウオの採取ポイントを自力で開発してました。往時の本能が蘇りそうな気がします。

Edo_Rl001.jpg

ここも流山のクリークです。
Edo_Rl008.jpg 

ここも流山のクリークです。遡上して終点まで確認しました
Edo_Rl009.jpg

Edo_Rl010.jpg

 すごくいい雰囲気です。
(June2009追記: 実際釣りしました。テナガエビとハゼ類がgood result。)
Edo_Rl005.jpg 

Edo_Rl004.jpg Edo_Rl007.jpg

channel catfishが去年釣れました。伝聞によると昔はコイのpointでanglerが場所取りしてた位らしいです。 自転車で川まで、楽にアクセスできます。


今は昔の物語です? ブームじゃなくて実に良かったな。
(June/2009:釣果1、 釣果2釣果3)
Edo_Rl012.jpg 

金町の結構有名なポイントらしいです。
Edo_Rl014.jpg   

Edo_Rl015.jpg 

Edo_Rl016.jpg 


ギャング針でニゴイを釣られた方がいました。
Edo_Rl017.jpg 

2009/04/10 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Fishing: tackle 

適当にルアーを上州屋で買ってきました。 昔に比べて釣具屋は少ないですね、個人経営の釣具屋が消滅して、大手しか残ってないイメージ。そういえばバイク屋もキレイさっぱいなくなりましたね、80年代にはそこら辺にあった気がしますが。今はバイク売れないから仕方ないんだろな。

初めて買ったルアー。なんか三叉のエゲツナイ針が付いてる。これってギャング針? 北海道じゃ遡上河川でアキアジを密漁する柄の悪い人が使う印象があるけど、引っ掛け釣りじゃないからいいのか。9g。これ水面に浮くんですね。 2ヶ所も針が、必要なんでしょうか。
f002.jpg 


 14g。比重からみると、浮かないでしょうね。

f003.jpg 

 

これは、どうも海で使うルアーのような気がします、たぶん。重いから。

f004.jpg

 12g。えらく良く飛びます。

f005.jpg 

ソフトルアー。なんとも名状し難いくらい、生理的に気持ち悪い手触りです。臭気もね。

f001.jpg 

自転車のフレームのtoptubeに括り付けるか、バックパックに収容するには比較的安価なパックロッドしか選択はなかったと思ったんですが、なかには2ピースロッドを大胆に取り付けられる方もいらっしゃいます。改めて2ピースロッドの導入を考えると、ロードバイクはスローピングの関係で無理だけどクロスとMiniveloでは可能かな。

f006.jpg 

釣具屋、商品多すぎて選ぶの大変。リール、値段の幅大きすぎ。Dura-AceとSora以上に違いがよく分からん。 

2009/04/03 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit