02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

Zardoz 2293

天使のハラワタ、BAR、Kill me softly

Fishing: 利根運河に、魚は生息してるのか? 

乗用車(passenger car)は、通勤、買物、旅行、スキー等の娯楽等、さまざまに利用出来るが、自転車、特にうちにあるようなタイプは、自動車とは正反対に利用法が実に限定されてます。通勤には使いたくないし、実質スーパーの買物の搬送にも役に立つか疑問。泊りがけ旅行にも、積載できる荷物が少ないので不向き。しかも定員1名。
もうサイクリング以外に使用する目的を持たない程(使い道が無い)に単機能化しちゃってる。
そういえば、一人乗りの乗り物は意外に少ないですね。例えば、戦闘機、人間爆弾 桜花、人間魚雷 回天、F1マシーン等の日常生活に到底関係ない物が多いのは驚き。

最近、少々サイクリングに飽きてfishingに傾いてます。サイクリングロードから釣してる人見えますし、自分の自転車の利用法としてpointまでのトランスポーターとして利用も可能ですからから。

そこで、普段のサイクリングコースの利根運河を改めてfishingとして見直して見ました。 釣れそうなポイントを撮影してみました。 撮影は全て運河北側からです。
土曜日でしたが、アングラーは、運河駅周辺に数名でした。時期が早いんでしょうか?


利根運河と利根川の合流点の近傍。fishingしてくださいと言わんばかりの場所。
Noda_chanel000.jpg 

Noda_Chanel001.jpg

Noda_Chanel002.jpg 

Noda_Chanel003.jpg 

Noda_Chanel004.jpg 

 江川排水路と利根運河の合流地付近。雰囲気はいいです。ロードでは侵入困難。

Noda_Chanel006.jpg 

 江川排水路きn追加しました。
Noda_Chanel022.jpg 
なにか小魚が泳いでました。
Noda_Chanel021.jpg
コイはいるようです。何かの群が水面で跳ねてます。
Noda_Chanel020.jpg

水深は浅いです。 
Noda_Chanel007.jpg 

Noda_Chanel008.jpg 

Noda_Chanel010.jpg 

運河駅付近です。anglerが数人居られました。ここから江戸川合流点までは、あまり水質は宜しくないです。

Noda_Chanel012.jpg 

Noda_Chanel013.jpg 

Noda_Chanel015.jpg 



ここは、秋口にルアーで何か吊り上げてる人が居ました。ここでやってみようか。水質悪し。
でもコイはいます。ソウギョもいますね。
Noda_Chanel017.jpg
  

ここでよくシラサギを見ました。カワウとかサギは魚食性なので魚がいるんでしょうね。
今日は居ませんでした。

Noda_Chanel019.jpg 

スポンサーサイト



2009/03/29 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

ケーブル内蔵フレームのワイヤー交換 

4年前に購入したSpecialized Transition Elite のブレーキを交換しました。

購入時からあまりブレーキの効きに感心していないのでUltegra SLに前後を換装しました。キャリパーブレーキ自体がこんな程度なんでしょうけどね。過剰な期待はしてません。

去年流山の自転車屋の店長と何かの折に話したとき知ったのですが、最近のケーブル内蔵フレームは、フレーム内にパイプが通じていて単に孔が空けてあるのではないらしいですね。なかには純粋に孔が空いてるだけのフレームもあるらしいです。今回ワイヤーも交換したとき、この自転車は後者のタイプのフレームだと分かりました。

この自転車を購入したとき、あとからケーブル内臓フレームだと気が付いて、どうやってケーブルを通したんだろうかとの疑問と、こうすれば簡単に通すことできるとのアイディアを既に昔から思いついてました。不幸にして試す機会はありませんでした。まあ知った順番が逆ならかなり焦ったでしょうけど。

詳細は述べませんが、これがそのソリューションです。

velo005.jpg

拍子抜けするくらい簡単でしたね。糸は2,3秒で孔を通りました。あとは糸を、釣で覚えたシングルノットでワイヤーに縛りつけてフレームを通します。

この方法なら、別にフレーム内側にパイプワークはいりませんね。

ちなみに、これが交換前のブレーキ。

velo004.jpg  

2009/03/23 Mon. 00:00 | trackback: 0 | comment: 3edit

自転車でダイエットは、可能か? 

ダイエット(diet)は、本来飼料の意味なんだけど、通俗的な意味合いでここでは、痩身にしときましょうか。

だいたい痩せるといった奴が、痩せたのは見たことないしなんたら痩身法なんて信用してない自分がこんなに減量してたとはね。別に減量する意図は全く無しで、気が付いたらこんなになってましたとの方が実態に近い。

65kg(少なくともこの程度はあったはず)⇒ 52kg(最大減少時)⇒ 56kg(現在)

食事制限無し、かえって人生で一番食べていた気がする。方法は、簡単です。

23km 75分タイムアタックです。知合いと都内某所まで、公共交通機関より早く自転車で行けるか賭けをしたわけです。江戸川CRなら別に問題ない時間と距離ですが、都内は信号が一杯ありますよね。しかし都内なんてそれまで走ったことないし、地図見てもさっぱり地名が馴染みがありません。

最初は2時間かかってたのですが、次第に脚力が上がったのでしょうか80分近くまで短縮しました。
以降暫くタイムは短縮できませんでした。そこで少々アグレッシブな走り方にしました。まあ思い切り車道を、走るだけですけどね。これで路上駐車を迂回するための減速分がなくなるのでタイムアップします。

結局2ヶ月半で10回トライアルして、70分を達成。Stop&Goの多い都内では実走行速度は20km/h。もうやりません。この頃病気でも?と、知合いにいわれ体重を測定すると54kg。気が付かないうちに、減量達成です、副産物ともいえますがね。

2009/03/22 Sun. 18:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

松戸競輪 マッピースプリングカップ 21/March 

マッピースプリングカップ本日最終日行ってきました。

相変わらず、KeirinのCMの格好良さとの場内のギャップは凄い。

本日、場内の駐輪場を利用したんだけど、スポーツタイプの自転車は皆無です。BS RaidacとLouis Garneauのクロスが1台ずつあったかな。他は殆ど実用自転車。場内に珍しくヘルメット携帯してる人が居たけど、その人のBS Raidacでしょうか? まあ場内でライディング・ギア着てるのは、もう場違いに浮きますね。


今日の松戸のチアリーディングはLOVE9の誰だったんでしょうか、subunitらしいけどメンバー不明。けど立ち姿が挨拶が綺麗だから、何か訓練受けてるんでしょうね。掃溜めに鶴ですが。エキシビジョンレースがなったのは残念。

ところで車券の買い方なんだけど

2009/03/22 Sun. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

Komfitz 06 反省と次期Minivelo FX計画 

3ヶ月程乗ってみたので改めて総括してみましょうか。

全体的には満足できるところまで仕上がりました。 ペダル付で約9.0kg、軽いでしょうか。kom0038.jpg

意外に速度は出ます、平地で最高37km/h位、但しケイデンスはMAX。
少々ハンドリングが神経質で比較的オーバーステアな傾向あり。

外観もまあまあで、当然おなじ仕様の自転車は殆どありえないでしょうからいいですが、調達コスト、部品の選択も今振り返るといくつが疑問点あり。

チェーン脱落は、少なくなりましたがZEROには、なりそうに無いです。1速でクランクを逆転させると外れやすい傾向はあります。単にSoraのChain-ringのインナーを外しただけで、フロントデレイラーがないので仕方ないです。チェーンガード付のChain-ringなら良かったんでしょうね。

Chain-ringの選択は、失敗。買ったのはコンパクトクランプというカテゴリの製品だったんですね。50T でした。買うんなら、52,53T以上の製品でしょう。

カセットもできたら11Tが、あればよかった。使ってるのは余り物だからしょうがないです。

DeoreのV-ブレーキが、どうも今ひとつ。オリジナルのTektroのブレーキのレベルに及ばない。何が悪いか不明。車体重量増えてもHydroの選択を考えてもよかったかも(今回はフレームの関係で無理です)。

グリップは失敗とまでいえないが、昨今だったら こんな形状のグリップの方がいいですね。買い物自転車についてますが実に掌の負担が少なくて楽。

次に何買ってみようかと考えると(仮定です)、Minivelo はロードに比較して選択肢は少ないですね。
20インチタイヤ、8速車以上が対象ですけど。

完成小径車は、Tyrell、 Louis Garneau, Brunoとかあるみたいだけど サスペンション付だったり、カンチブレーキだったりとかの部品構成や価格の点で却下。 フレームは個性的だけど。

今考えるとCycleshop Takizawa、Tyrellのフレーム買う選択もあったけど、キャリパーブレーキは、基本的に嫌です。Bomaの ASK TRADINGのもいいかも。 他にMiniveloのフレーム販売無いかな。

 

 

2009/03/13 Fri. 00:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

松戸競輪 まあ行ってみましょうか 平野末吉杯観戦記 3/3 

ガイダンスコーナーは、なかなか興味深いところです。往年の名選手がレース展開の予想を説明してくれるんですが、なかなか裁けた解説をしてくれます。
他にも競輪用の自転車が展示してあります。初めてまじかで実物の競輪用自転車を見たんですけど、色々違うんですね。kalavinkaとフレームにロゴ書いてるけど初めて見たメーカーです。なんかバルブの形が変わってるな。部品はDURA-ACEが多いみたい。この自転車は滝澤 正光選手のものらしいです。滝澤 正光選手って名前どこかで聞いたことあるなと、検索してみたら昔ビートたけしのスーパージョッキーに短期間レギュラーしてた人なんだよね。今の東国原宮崎県知事も熱湯風呂に入ったり三角木馬で拷問されたりした伝説的な番組です。 滝澤選手の現役時代の実績は全く知りませんが、この番組に出ていたことは、強く記憶にあります。








当日はLOVE9のエキジビションレースやってました。女の子だけの模擬レースですので、車券は売ってません、だけどキャットファイトではありませんよ。あがり13秒位ですから時速50km近くで走ってます。出走するレースは、結構人目を引いてます。松戸でしか見れません。彼女らの過去の殆どのレースがネットで見れます。1番車以外は能力が拮抗して、誰が勝つか分かりません。

2009/03/10 Tue. 02:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

松戸競輪 まあ行ってみましょうか 平野末吉杯観戦記 2/3 

ようやく、エントランスに到着です。

エントランスの看板によると、ペット同伴、缶ビン類持込、写真撮影は禁止らしいです。
負けた競輪ファンが、缶ビン類を負けた腹癒せにバンクに投げ込む恐れがあるからでしょう、分かります。
実際、缶コーヒーの自販機が場内にあるんですけど、缶自体が紙製なんです。普通の紙パックでも充分だと思うんですがなぜ缶の形にしたんだろ? 他では見たことありません。

実際に場内に入ってみます。小奇麗な施設で、バンク内は東京ドームに似てます。
施設内を歩き回って感じたのは、なんと申しましょうか廃墟です。 もしくは、設計時点で大幅な競輪人口の見通しを見誤ったんでしょうか? あまりに閉鎖区域が多すぎます。 Wikipediaでも高評価の競輪場でもこんなもんなんですかね。この前、使用されなくなったエスカレーターがあるのを見つけました。あのキツイ勾配の観客席を、あの競輪のお客様が登るのは大変だから、あっても不思議ではないのですが、入場者の減少で運行を取りやめたんでしょうね。

何より最初に驚いたのは、松戸本場開催なのに、観客席に人があまり居ないんです。競輪場自体に居ない訳ではなく、発払い自動券売機の近くでモニターで観戦してるんです。まあレース毎に発払い自動券売機
にいく必要があるので、観客席と券売機を往復するのが普通かと思っていたら、お客の高齢化で足腰が弱ってるのか、もう券売機近くに居座っちゃってるんです。競輪ファンの利用実態から考えると、もう松戸競輪場の施設設計自体が、不適切なんじゃないでしょうか。
 

場内でラーメンとかカツカレーとか食べることは出来るんですけどね、あまりお勧めできません。


まずは、入口で本日の出走表をもらいます。
出走表見て、驚くのは選手の年齢のばらつきです。同一レースで24歳から57歳の選手が競争するわけなんです。そんなスポーツって他にあったかな? 当日が開催最終日でA級決勝まで、この57歳の選手は、勝上がってきたんですからたいしたもんです(結果4位でした)。出走機の前の場所で見てたんですけど、足とかでは見た目年齢は分からんです。自転車自体が年をとっても楽しめるものかも。

2009/03/10 Tue. 01:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

松戸競輪 まあ行ってみましょうか 平野末吉杯観戦記 1/3 

注意: 以下は個人の感想であり、客観的事実とは異なる可能があります。

公共交通機関なら、北松戸駅で下車します。
駅西口には、競輪補助事業で設置されたエレベータで地面まで、楽に降りられます。
人口の多い東口に先に設置すべきですが、競輪場のおかげか西口のほうがはるかに早期に設置されました。 さすが日本自転車競技会、競輪ファンの高齢化を見越した適切な方策でした。

駅から徒歩2分です。駐車場、駐輪場もあります。

エレベーターを使わず、階段を降りるとちょっとした広場に出ます。
階段近くには、予想誌の売店スタンドが立ちます。赤競と青競の2種類の予想誌が売ってるようですが、おのおの別のスタンドで売ってます。
面白いことに、階段に近いベストポジションは、毎日、赤競と青競のスタンドが交代で使ってるようです。

右手には、JRの切符臨時発売所があります。夜間は軒下が、恒常的な宿泊所として利用されてます。マルチパーパスな施設です。

開催日には、なぜか帽子をうる露店が広場に出ます。あんまりセンスがいいとは言いかねる帽子を売ってるんですが、競輪ファンのお客も帽子かぶってる人が多いのでそれを見越してるんでしょうか。

広場に面してコンビニエンスストアがありますが、なかなか他のコンビニで見られない注意書きが独特の雰囲気を醸し出してます。

開催日夕方は、広場のいたるところで、本日の資金運用成績についての小グループに分かれての
ラップアップミーティングが開かれます。真剣な討議が長時間続くためか、地面に座り、日本酒でハンガーノックを防止しております。都内某所での雰囲気に非常に類似した点が観察されます。

新坂川に架かる本郷橋まで着たら、ぜひ水面をご覧下さい。

keirin004.jpg 

 keirin003.jpg

釣堀ではありません。異様な数のコイが集まって泳いでます。競輪のお客がパンを投げ込んでいるせいでしょうか。
他にゴイサギ、カワウ、カワセミ、アカミミガメがお迎えしてくれます。新坂川は、濁ってるように見えますが、水は意外に綺麗です。但し川底が泥質なので綺麗には見えないです。

本郷橋を渡り、信号付交差点を渡ると、競輪場エントランスに至ります。
余談ですがこの信号付交差点は、新坂側沿いの道では珍しくも松戸根本交差点から新松戸駅間に1箇所しかないんです。つまり5kmでOne-Stopしかないルートが松戸市内に存在するんですよ。

この交差点の最大の特徴は、競輪開催日に分かります。
終了時間が近づくと、信号が赤になる度に警備員が競輪場入口に、人間バリケードを作り実力で競輪のお客の横断を阻止します。
競輪のお客は、高齢のためなのかアルツハイマーなのか判断出来ませんが、トランス状態で横断歩道を渡る人が結構居るんです。つまり左右を全く確認しないで、唐突にこの交差点を渡り出す人が多数見受けられます。どのようにご自宅から、北松戸までこられたか不思議な方々です。

ただでさえ自然減のうえ、平均年齢が高齢化してた競輪のお客様の生命をお守りするために、松戸競輪の対応は実に適切であります。

交差点の向かい側には、昼しかやってない居酒屋がありますね、行ったことないけど。

北松戸駅から、たった200mですが、非日常の光景が楽しめます。

2009/03/10 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit